アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

『小さい頃は楽しいことばかりで、アトランティスのような幻の国にいるようだ。大人になると幻の国は消える』

おすすめ度
4
感動する度
3.5
心に残る度
4

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の予告動画

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)のストーリー(あらすじ)

舞台はアメリカ。
カメラマンの仕事をしているボビー(デヴィッド・モース)の元に1つの小包が届く。
その中身を開けてみると見覚えのある古びたグローブと、親友だったサリーの訃報の手紙が入っていた。
それを見たボビーは生まれ故郷に帰ることにした。
そして、そこで少年時代、過去の出来事を思い出すことになる。
それは40年程前の少年ボビーの思い出であり、同時に二度と帰って来ない夏の日々の出来事だった。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

当時11歳だったボビー。
ボビーは母親リズ(ホープ・デイビス)と二人で暮らしていた。
幼い頃に父親を亡くしており、父親の事は写真でしか見たことがなかった。
母親は美人で若く、若干性格の捻れた女性だった。
子供のことよりも何よりも自分のことが最優先。
ボビーが周りの友達が当たり前のように乗っている自転車を欲しがっても『お金がない』と言って、
その年の誕生日に与えるものも図書館の貸し出しカードだった。
その傍らで母親のリズは自身の洋服やドレス、装飾品など自分の欲しいものをどんどん購入していた。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

そんなある日、ボビーの前に『テッド(アンソニー・ホプキンス)』という老人が現れた。
テッドとの出会いがきっかけとなり、ボビーは決して戻ることのない、思い出深い夏の日々を過ごすことになる。

テッドはボビーとその母リズの住む家の2階に下宿して来ることになった老人だ。
テッドは落ち着いた雰囲気を持っているのと同時に少し謎めいた雰囲気をもっていた。

ある日、テッドはボビーにあるお願いをする。
「頼みたい仕事があるんだ。もしかしたらその仕事の報酬で自転車を買えるかもしれない。」とテッドは言う。
その仕事ははテッドに新聞を読んで欲しいという内容のものと
町で変わったことがあったらテッドに伝えるという内容のものだった。
報酬は1週間に1ドル。

年のせいからかテッドは目が悪く、そのことをボビーにお願いする。
それを聞いたボビーはその仕事を引き受けることにする。
しかし、同時に不思議にも思った。
『自転車を欲しがっていることはテッドに話していない』
後にテッドには人のこころを読むことの出来る不思議な力があることを知るのだった。

テッドは知的で優しく、父親のいないボビーに大切なことを色々と教えてくれた。
「よく周りを見て、感覚を敏感にしておくこと。」
そんなテッドに幼い頃に父親をなくしたボビーは親しみの感情を抱くようになる。
しかし、リズはどこかでテッドのことを嫌っていた。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

ボビーが生まれ故郷でその時に過ごした夏の日々の中で本当に様々な出来事があった。
楽しいこと、悲しいこと、初めての体験。

ボビーが生まれ故郷に戻って思い出したのは
親友のサリーキャロル、そしてテッドと過ごした掛け替えのない、決してもどる事のない夏の日々だった。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)を見た感想・レビュー

この作品『アトランティスのこころ』も超おすすめ映画です!
重要な役どころを務める『アンソニー・ホプキンス』は羊たちの沈黙やハンニバルのイメージしかなかったのですが、
この『アトランティスのこころ』をきっかけにアンソニー・ホプキンスに対する印象が変わりました。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

子供の時にしか出来ない冒険や、その時しか経験出来ない事、子供の時代だからこそ考え込むことや悩み、その時しか感じる事の出来ない想いってありますよね。
大人になるにつれて色んなこと、色んなもの、色んな想いを忘れていってしまいますが、
こういう作品でその時の本当に大切だったものを思い出すのって良いですよね。
僕は子供の頃、今大切にしている大事なものを形成してくれた人達のことを思い出しました。
僕にとってはそういうものを思い出させてくれる、本当におすすめの映画でした。

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)
© 2001Warner Bros.All Rights Reserved

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
もしかしたら、この作品『アトランティスのこころ』を観た後に
いつか大切にしていたものを思い出すかもしれません。

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の見どころ

少年ボビーと老人テッドの友情

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の監督や出演俳優について

映画タイトル

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の製作国

  • アメリカ

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)のジャンル

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)のキャッチコピー

世界でほんのわずかな人しかもっていない『こころの力』をその人は持っていた。不思議な力がむすびつけた一人の男と少年のこころの奇跡の物語。

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)を一言で例えるなら

二度と戻る事のない大切だった夏の日々

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の公開年

2002年

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の監督

スコット・ヒックス

映画アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の主要キャスト

  • アンソニー・ホプキンス(テッド・プローディガン)
  • アントン・イェルチン(成人したボビー・ガーフィールド)
  • デヴィッド・モース(少年時代のボビー・ガーフィールド)
  • ミカ・ブーレム(キャロル・ガーバー)
  • ホープ・デイヴィス(リズ・ガーフィールド)
  • ウィル・ロスハー(サリー・ジョン)
  • ディアドラ・オコンネル(ガーバー夫人)
  • ティモシー・ライフスナイダー(ハリー・ドゥーリン)
  • アラン・テュディック(モンテマン)
  • トム・バウアー(レン・ファイル)
  • セリア・ウェストン(アラナ・ファイル)

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Prime Video
  • hulu
  • U-NEXT

アトランティスのこころ(Hearts in Atlantis)の関連キーワード

この映画へのコメント