メカニック(The Mechanic)

メカニック(The Mechanic)
© 2011 - CBS Films

抹殺確率130%!伝説の殺し屋(メカニック)復活!スーパー・ハード・アクション!

おすすめ度
4.5
感動する度
3
心に残る度
3

映画メカニック(The Mechanic)の予告動画

映画メカニック(The Mechanic)のストーリー(あらすじ)

必要なのは強い意志だ。
依頼を受け標的を消す。

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

舞台は現代のアメリカ。
ある日、南米コロンビアの麻薬王の男が自宅のプールで事故死したことがニュースとなった。
実際にはそれは事故ではなく暗殺だった。
それは殺人の痕跡を一切残さないプロの殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)によるものだった。

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

仕事を終え、アーサーは車椅子に乗って男と会う約束をしていた。
その男の名はハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)
ハリーはアーサーの雇い主だった。
そんなハリーから『君の上はいない。君は冷徹なマシーン。』と言われる程、アーサーの腕は完璧なものだった。
その日は報酬を受け取りハリーとは別れた。

ある時、いつものようにパソコンで仕事の依頼を確認していたアーサー。
その日目にした仕事のターゲットは自身の目を疑ってしまう程の意外な人物だった。
今度のターゲットはハリー・マッケンナ。
アーサーはその事実を確かめる為にすぐに依頼人であるディーン・サンダーソン(トニー・ゴールドウィン)に会いに言った。

ディーンの話では半年前に請け負った過去最大の仕事は半年という長い準備期間を費やした末に失敗し、その理由はハリーが裏切ったことにあるとのことだった。
作戦がバレたことでその時のチームは全滅になった。
そしてその仕事の詳細を知っていたのはディーンとハリーのみだった。
その依頼に戸惑ったアーサーだったが彼の仕事に対する精神は揺らぐことはなかった。

アーサーにとって車椅子の男性を暗殺することは簡単なことだった。
ただ、ハリーはアーサーにとって恩人であり、そしてかけがえのない友人だった。
ハリーは全てを悟り、そして覚悟した。
アーサーに『苦悩するがいい。』という言葉を残し、その銃弾に倒れた。
アーサーはハリーの殺人はカージャッカーによるものだという絵を描いた。

その後ハリーの墓を訪ねたアーサー。
そこでハリーの息子のスティーブ(ベン・フォスター)と再会した。
そしてスティーブは父親を殺した“カージャッカー”を殺すことを誓った。
犯人が誰かも分からなかったスティーブは手当たり次第殺すことで父親の仇に出会えると考えていた。

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

その夜スティーブは自分の元に寄ってきた一人目のカージャッカーを殺害しようとしていた。
ただ、既の所で割って入って来たアーサーに止められた。

アーサー『動機ありの殺人はよせ。犯人を名乗るのと同じだ。』

ある日、スティーブはアーサーにあるお願いをした。
それは父のハリーから教わった人を殺す全て教えて欲しいとのことだった。
その時、スティーブは自分の父親を殺害した人間から殺人の技術を教わるとは思ってもいなかった。

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

メカニックの定義

“問題を片付ける男”
“依頼を受け標的を消す”

果たしてスティーブは父の仇を討つことが出来るのか?

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

映画メカニック(The Mechanic)を見た感想・レビュー

この映画『メカニック(The Mechanic)』もおすすめ映画なので紹介します!
マジで最初から最後まで釘付けになっちゃうほど、アーサーがカッチョいいです٩(๑`^´๑)۶
てかマジでアクションが半端ない!!
久しぶりに『ザ・アクション映画』で釘付けになっちゃいました(´・ω・`)
マジで良かったです!!

メカニックの日本版のキャッチコピーが『この男、完璧』ってものなんですけど、まさにその通りです(´・ω・`)
本当に冷酷な殺人マシーンなんですけど、もう何をやらせても完璧で(´・ω・`)
多分小学生がお金払ってアーサーに宿題をお願いしても100点満点のものを仕上げてくれると思います٩(๑`^´๑)۶

他のアクションものの映画に比べてバックグランドやドラマ色っていうのはあまり強くないように思うんですけど、
もう本当にアーサーが完璧過ぎて、それだけで釘付けになっちゃいます(><)
色々衝撃的な展開にはなっていくんですけど、アーサーの全く動じない・ぶれないところがマジでカッチョ良かったです٩(๑`^´๑)۶

メカニック(The Mechanic)
© 2011 – CBS Films

久しぶりに見ててスカッとした気分になれるアクション映画でした(*´∀`*)
メカニックは本当におすすめの映画です!!

こんな言い方をすると語弊があるかもしれませんが、ストーリーもそんなに難しかったり、濃かったりする訳ではないので暇な時に何も考えずにサクッと見ることが出来る映画だと思います!
もちろん良い意味です(*´∀`*)
ストレス溜まってる時とかにお酒を飲みながら見るとスカッとして気分も晴れるかもしれません٩(๑`^´๑)۶

まだ見たことがないという人はU-NEXTやHuluやNetflixでも視聴出来るので、是非見てみてください!!

映画メカニック(The Mechanic)の見どころ

ジェイソン・ステイサムの色気とアーサー・ビショップのカリスマ感

映画メカニック(The Mechanic)の監督や出演俳優について

映画タイトル

メカニック(The Mechanic)

映画メカニック(The Mechanic)の製作国

  • アメリカ

映画メカニック(The Mechanic)のジャンル

映画メカニック(The Mechanic)のキャッチコピー

この男、完璧

映画メカニック(The Mechanic)を一言で例えるなら

仇討ちをしたい時はアーサーに頼みたい(´・ω・`)

映画メカニック(The Mechanic)の公開年

2011年

映画メカニック(The Mechanic)の監督

サイモン・ウェスト

映画メカニック(The Mechanic)の主要キャスト

  • ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ)
  • ベン・フォスター(スティーヴ・マッケンナ)
  • トニー・ゴールドウィン(ディーン・サンダーソン)
  • ドナルド・サザーランド(ハリー・マッケンナ)

メカニック(The Mechanic)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください