話題の最新映画

テルマ(THELMA)

2018年10月20日公開

テルマ(THELMA)

舞台は現代のノルウェー。 とある雪深い森に、トロン(ヘンリク・ラファエルソン)はまだ幼い娘のテルマを連れて狩りにやって来た。 しばらくするとトロンの目の前にやがて目の前に一頭の鹿が現れる。 ライフルを構えるトロン。 しかし、トロンのライフルは、獲物ではなく娘に向けられるのだった。 それから数年の時が過ぎた。 その数年は幼かったテルマ(エイリ・ハーボー)を美しく成長させた。 テルマは、オスロの大学に通うため一人暮らしを始める。 もともと人里離れた小さな田舎町で育ったテルマ。 両親は信仰心が深く厳格な人だった。 そんなテルマにとってひとり暮らしはとても新鮮なものだった。

おすすめ度
5
マイ・プレシャス・リスト(CARRIE PILBY)

2018年10月20日公開

マイ・プレシャス・リスト(CARRIE PILBY)

舞台は現代のアメリカ・ニューヨーク。マンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の超天才少女。誰もが憧れる学歴を持ちながら友達も仕事もなく、読書ばかりしているコミュ力0の屈折女子だった。そんなキャリーの唯一の話し相手はセラピストの先生、ペトロフ(ネイサン・レイン)だった。ある日、ペトロフはキャリーにあるリストを渡した。そのリストの中には6つの課題が記されていた。ペットを飼う。子供の頃好きだったことをする。デートに出かける。友達を作る。1番お気に入りの本を読む。誰かと大晦日を過ごす。『何の為に必要なの?』

おすすめ度
5
ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-(Namiya)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 -再生-(Namiya)

2017年大晦日。とある女性企業家を襲撃し、無人の雑貨店に逃げ込んだ3人組の孤児シャオボー、トントン、アジェ。古びた時計の針が新年を告げると、シャッターの郵便受けから突如手紙が落ちてくる。それは何と1993年から届いた手紙。その雑貨店はかつて、店主が手紙による悩み相談をすることで有名だった。まさかと思いながらも返事を出してみると、また1993年から手紙が届く。3人は店主に成りすまし悩み相談を始めることに。それは25年の時を超えて、それぞれの人生を変えていくこととなる。

おすすめ度
5
ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

舞台は現代の日本。 2013年、何者かになる為に東京を出て10年、27歳になった「私」は夢をあきらめて地元に戻ってきた。 今は実家に住みながらフリーのライターの仕事をしている。 ライターの仕事では「私」と同じく東京から戻ってきた40歳のカメラマンの「須賀」と組むことが多く、ウマも合うのだった。 ある日、ラーメン屋の取材を終えた後に高校時代の友人サツキと合流し、その際に高校時代のみんなの憧れの存在だった「椎名くん」の話になり、会いに行くことになった。 「椎名くん」は今自動車学校で教官をしていた。 その途中で立ち寄ったゲームセンターで、偶然地元に帰省中だった新保と再会した。 その後自動車学校で椎名と再会した「私」は椎名から衝撃的な言葉を告げられるのだった…。

おすすめ度
5
万引き家族

2018年6月8日公開

万引き家族

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。

おすすめ度
5
ゲティ家の身代金(All the Money in the World)

2018年5月25日公開

ゲティ家の身代金(All the Money in the World)

舞台は1973年のアメリカ。そこには【世界一の大富豪】としてギネス認定されたジャン・ポール・ゲティがいた。ジャン・ポール・ゲティは石油王で、文字通り世界中の誰よりもお金を持っていた。ゲティ家は特別である。見た目は人間だが別世界に生きてる。ある日、そんなジャン・ポール・ゲティの孫にあたるジョン・ポール・ゲティがイギリスのローマにて誘拐される事件が発生する。ジョンを誘拐した誘拐犯達はジョンの母、ゲイルに日本円にして50億円という大金を身代金として要求する。ジャン・ポール・ゲティの孫のジョンの誘拐事件は世間を騒がせる大事件となり、ある日マスコミはジャン・ポール・ゲティに質問をした。ゲティさん、身代金はどうするんですか?

おすすめ度
5
ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帖

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。

おすすめ度
5
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。

おすすめ度
5
ワンダーストラック(Wonderstruck)

ワンダーストラック(Wonderstruck)

1977年、ミネソタ州ガンフリント。12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エイレン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。ある嵐の夜、母の家に密かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。中にはキンケイド書店のしおりが挟まれていて、「愛を込めて、ダニー」と記されていた。きっと父親だと直感して書店にかけようとした電話に、雷が落ちてしまう。病院で意識を取り戻したベンは耳が聞こえなくなっていたが、父親を探しためにニューヨークへと旅立つ。何とかキンケイド書店を見つけるが、店は閉店していた。途方にくれたベンは、声をかけてきた少年ジェイミー(ジェイデン・マイケル)のあとをついて生き、自然史博物館に辿り着く。

おすすめ度
5
ガザの美容室(Degrade)

2018年6月23日公開

ガザの美容室(Degrade)

パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容院は、女性客でにぎわっている。店主のクリスティンは、ロシアからの移民。ロシアで出会ったパレスチナ人男性との結婚を機にガザへ越して、美容室をオープンした。美容室のアシスタントのウィダトは、恋人で、マフィアの一員アハマドとの関係に悩んでいる。彼はドラッグや武器を売りさばき、つい先日は動物園のライオンを盗んで来たことでハマスからマークされている札付きのワルだ。亭主の浮気が原因で離婚調停中のエフィティカールは、弁護士との逢瀬に向けて支度中。結婚式を今夜に控えたサルマは実母と義母との関係に少し辟易している。花嫁の母は喘息持ちで、これまでに何度も大都市エルサレムの病院に行くための通行許可を申請したが、イスラエルに拒否されたのだという。臨月の妊婦ファティマは、出産前の最後の美容室に妹と共にやってきた。戦争で負傷した兵士を夫に持つサフィアは、夫に処方された薬物を常用する中毒者だ。

おすすめ度
5
LOVE×DOC(ラブ×ドック)

2018年5月11日公開

LOVE×DOC(ラブ×ドック)

とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!人生を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

おすすめ度
5
ラッカは静かに虐殺されている(CITY OF GHOSTS)

ラッカは静かに虐殺されている(CITY OF GHOSTS)

戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国」(IS)がシリア北部の街ラッカを制圧した。かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)が秘密裡に結成された。

おすすめ度
5
ラジオ・コバニ(Radio Kobani)

ラジオ・コバニ(Radio Kobani)

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)に…

おすすめ度
5