死ぬまでに見て欲しい超おすすめ映画一覧

【パフューム】文句なしの★★★★★映画!映像から感じられないはずの香りが届いた

舞台は18世紀のフランス、パリ。稀に見る才能とおぞましい行為で知られた男がいた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、香水調香師だった。そして今、ジャンは処刑されようとしていた。ジャンは両手・両足に枷を付けられ、首輪を付けられた状態で民衆の前へと引きづられた。ジャンの罪は数々の殺人だった。国民はジャンを憎んだ。

おすすめ度
5
【ボーダーライン】麻薬戦争の今を描いた臨場感溢れる映像に釘付けに

舞台は現代のアメリカ。アリゾナ州のチャンドラーにて誘拐事件の犯人の元へ奇襲攻撃が行われようとしていた。FBI捜査官であるケイト・メイサー(エミリー・ブラント)とそのチームは装甲車を使って犯人宅の壁を突き破って襲撃した。突然のFBIによる襲撃で犯人たちはそのまま降参したが、その家の一室に潜んで居た一人の男がケイトを銃撃した。その男はケイトによってその場で射殺された。

おすすめ度
4.5
【舟を編む】言葉の大切さを改めて考えさせられる超おすすめ映画

舞台は1990年代の日本。玄武書房で38年辞書一筋だった編集者の荒木公平(小林薫)が定年を迎えようとしていた。辞書監修者でもある松本朋佑教授(加藤剛)は荒木の仕事ぶりに惚れ込んでいた。それが故に荒木の定年退職を引き留めようとしていた。松本『どうしても辞めるつもりですか?』 荒木『はあ…』松本『荒木くんが居なければ私は辞書を作れません。』

おすすめ度
4.5
【セブン(Se7en)】目を塞ぎたくなる内容だが皆が高評価を付ける名作映画

舞台は現代のアメリカ。ウィリアム・サマセットは定年を一週間前にひかえた刑事だった。ウィリアムは何事もなく定年を迎えたいと考えていた。 しかし、"それ"を神は許さなかった。その日も街中でパトカーのサイレンが鳴り響いていた。サマセットは殺人事件の現場に向かった。

おすすめ度
5
【バットマン ビギンズ】マジ最高!ここから僕のダークヒーローが生まれた!!

舞台はアメリカにある架空の都市、ゴッサム・シティ。これは一人の男が犯罪蔓延る街の中で"ダークナイト"になる物語。ブルース・ウェインは大富豪であるトーマス・ウェイン(ライナス・ローチ)とその妻マーサ・ウェイン(サラ・スチュワート)の一人息子として誕生した。ブルースには幼い頃古い井戸に落ち、そこでコウモリに襲われるという経験があった。その時の体験が元で"コウモリ"がブルースにとっての恐怖の象徴となった。

おすすめ度
4.5
【永い言い訳】簡単に言葉に出来ないけど絶対に見るべきおすすめ映画

この映画『永い言い訳』も超おすすめ映画なので紹介します!久しぶりに最近のヒューマンドラマ系の邦画を探していた時に見付けた映画で、とりあえず映画のタイトル『永い言い訳』っていうのが気になって見ました(^^)その時の気分的には『何も考えずに見れる映画が見たい』って感じだったんですけど、内容的にはちょっとだけ重かったです。見ている途中で、以前紹介した映画『恋人たち』を連想させるものがありました(´・ω・`) あそこまで重たい内容ではなかったんですけど、永い言い訳の最初の幸夫と夏子の夫婦のやり取りが見ていて何だかブルーな気持ちになりました(´・ω・`)

おすすめ度
4.5
【つみきのいえ】マジで泣ける(´・ω・’) 見る人を優しい気持ちに…

思い出と共に壁一面に飾られた数多くの写真達。自宅の窓を開ければ周り一面が海。海に沈んでしまった町で孤独に暮らす背中の曲がったおじいさん。床のハッチを開ければ下の階に繋がる。そして下の階(部屋)は全て海に沈んでしまっている。そこに釣り糸を垂らし、釣れた魚がおじいさんのご飯となる。見もしないテレビを点けて、飲み物をグラスに注ぎ孤独な食事をする。日に日に水面は増していき、朝起きた時には海水が床にまで来ていることも…。その度におじいさんは積み木を重ねるようにどんどん上へ上へと階(部屋)を増築していく。ある日おじいさんは普段から愛用していたパイプを下の階(海中)に落としてしまう。大切なパイプを拾いに行くためにおじいさんは潜水服を着て海の中へ…

おすすめ度
5
【グラディエーター】間違いなくベスト映画ランキングトップ3に入る映画!!

舞台は西暦180年、賢帝『マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)』の統治する古代ローマ。平民出身ながら将軍にまで上り詰めたマキシマス・デシムス・メレディウス(ラッセル・クロウ)は、遠征先のゲルマニアの地で、今まさに蛮族を相手に決戦を行おうとしていた。戦を避けるためにローマ軍から蛮族へと送られた使者は蛮族の手によって首を切り落とされ、それと同時にローマ軍と蛮族との戦が始まることとなった。そしてそれはゲルマニアとローマの12年にも及ぶ長い戦いに終止符を打つものだった。

おすすめ度
5
【グッド・ウィル・ハンティング】”超名作”この映画を見て周りの人を大切にしよう

舞台は現代のアメリカ、南ボストン。ウィル・ハンティング(マット・デイモン)はマサチューセッツ工科大学で清掃員のアルバイトをしていた。ウィルは世間一般的にいうと不良で、過去に暴力事件や窃盗など様々な問題をお越し鑑別書で過ごしたこともあった。そんなウィルは普段親友のチャッキー(ベン・アフレック)やモーガン(キャセイ・アフレック)やビリー(コール・ハウザー)とよくつるみ、時間さえあればバーに行って女の子をナンパしたり、球場に野球の試合を観に行ったりバッティングセンターに行ったりしていた。

おすすめ度
4.5
【聲の形】人としての大切なものを思い出させてくれる最高の映画!

将也はある目標を見据え、ある時からカレンダーに意味深な☓印を付けていた。これまで続けていたアルバイトを辞め、また自分の部屋にあった家具や敷布団を含めて業者に売り、これまでアルバイトなどで貯めたお金を銀行口座から引き出し、それを母が眠る枕元に置いて家を出たのだった。将也が置いたお金は170万近くある程の大金だった。

おすすめ度
4.5
【ミリオンダラー・ベイビー】この映画は死ぬまでに観ないと後悔する!!

家族からすらも愛情を受けた事のない孤独な女性と、家族にすら愛情を見せた事のない不器用な老年の男性の間に芽生えながらも、非情な結末を迎える愛の物語である。舞台は現代のアメリカ・ロサンゼルス。フランキーは歳こそ老いてはいるが文字通りの名トレーナーだった。一人暮らしで自宅に家族はおらず、唯一家族と呼べる娘のケイティとは離れて暮らし、音信不通だった。毎週娘のケイティに宛てた手紙も受取拒否という形でフランキーのもとに戻って来た。

おすすめ度
5
【百円の恋】は絶対に見ろ!こんな名作映画は滅多にないぞ!!

舞台は現代の日本。32歳ニートの一子(安藤サクラ)は実家で引きこもり生活をしていた。毎日特に何をするでもなく、自堕落な日々を送っていた。そんなある日、妹の二三子が旦那と離婚し息子の太郎を連れて実家に戻って来た。一子の実家は弁当屋さんだった。離婚して戻って来た二三子は実家の弁当屋を手伝うようになり、一子は特に何をするでもなく、二三子に子供の太郎とゲームばかりしていた。そんな一子を見て二三子は「太郎のことをいいおもちゃだと思ってるんだからあいつ。本当どうすんの?マジで。甘やかし過ぎだよ、母さん。」と不満を口にするようになっていった。そして一子もそんな二三子に対して「太郎は母親と違って性格いいわ。」と口にするのだった。

おすすめ度
4.5
【横道世之介(A Story of Yonosuke)】温かい涙を流したい貴方へおすすめの映画

舞台は1987年の東京。長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は大学進学の為に上京した。東京には従兄の清志(黒田大輔)と同郷の友人の小沢(柄本佑)がいた。大学の説明会ではすぐに倉持一平(池松壮亮)、阿久津唯(朝倉あき)という友人が出来た。お人好しで人からの頼みを断れない世之介はサークルの勧誘でサンバに誘われ、そのまま流されるままにサンバサークルに入ることになった。ある日、同郷の友人である小沢と喫茶店で待ち合わせした世之介。そこで年上の妖艶な魅力を持つ千春(伊藤歩)と知り合う。世之介は千春からアルバイトをしないかと持ちかけられちょっとした仕事を引き受けることに。別れ際に千春は世之介に『私が惚れるくらいのいい男になりなさい』と伝え、それを聞いた世之介はその日から千春にゾッコンとなる。

おすすめ度
4.5
【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
【おくりびと】”涙腺崩壊” 号泣間違いなし!納棺師を描いたおすすめ映画

小林大悟(本木雅弘)はプロのチェロ奏者で妻でウェブデザイナーの美香(広末涼子)と2人で幸せに暮らしていた。しかし、ある日突然大悟の所属するオーケストラはオーナーに解散を言い渡される。プロの奏者として恥じないように大金を叩いてチェロを購入したばかりの大悟だったが、そのオーナーからの解散の申し渡しに絶望してしまう。残ったのは大金を叩いて購入したチェロのローン…。 途方にくれる大悟は妻の美香に職を失ったことを話す。前向きな性格の美香だが、そんな美香が何よりも驚いたのはチェロの値段だった…。

おすすめ度
5
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】80歳で生まれ、若返っていく男の物語

舞台は現代のアメリカ。病院のベッドの上で老婆が見舞いに来た自分の娘にある男の話を始める。その老婆の名前はデイジー・フューラー(ケイト・ブランシェット)。そして、老婆の口から登場する男の名前はベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。ベンジャミン・バトンは人と違う、数奇な人生を送ったのだった。ベンジャミンは第一次世界大戦が終了してすぐの1918年にニューオーリンズで生まれた。彼は生まれた時から老いていた。見た目は80歳のおじいちゃん。

おすすめ度
5
【たそがれ清兵衛】”号泣” 愛に生きた侍を描いたおすすめ時代劇映画

『悲しませたくない人が、いますか?』『誰を、幸せにしたいですか?』『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』『誰といると、心が素直になれますか?』『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』『愛することより大切なことって、なんですか?』

おすすめ度
5
【ハッピーエンドの選び方】いつか迎える最期をコミカルに描いた感動映画

エルサレムのある老人ホームで暮らすヨヘスケル(ゼーブ・リバッシュ)は発明が趣味だった。彼のユニークなアイデアから生まれる発明品の数々はみんなの生活を少しだけ楽にするようなものだった。ヨヘスケルはある日、親友のマックスから発明の依頼を受ける。マックスは望まぬ延命治療で苦しんでいた。そんなマックスはヨヘスケルに『安らかに死ねる発明品を作って欲しい』とお願いをするのだった。しかし、ヨヘスケルの妻のレバーナ(レバーナ・フィンケルシュタイン)は猛反対した。それでもお人よしのヨヘスケルは親友の最後の願い、そしてマックスを"助けたい"という一心から、ある発明をするのだった。

おすすめ度
4.5
【灼熱の魂(Incendies)】1+1=1 心が壊れそうになる衝撃のおすすめ映画

物語はジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)の母、ナワル・マルワンの死、そして彼女の遺言からはじまる。舞台は現代のカナダのケベック州。それはジャンヌとナワルが訪れたプールで起きた突然の出来事だった。ジャンヌには何が起きたのか理解できなかった。プールサイドに居た母が原因不明の放心状態になってしまたのだった。ジャンヌが幾らナワルに声を掛けても返事はない。

おすすめ度
5
【となりのトトロ】何度でも見たくなるおすすめ映画のジブリ映画

小学生のサツキと5歳のメイとその父が都会から離れ田舎の一軒家へと引っ越して来るところからこの物語は始まる。それは入院中のサツキとメイの母親を空気の綺麗なお家で迎えたいということからだった。新しく住むことになった家は古く、近くに住む子供からは『お化け屋敷』と呼ばれていた。長いこと空き家だったようでひどく汚れてしまっていた家にはお化けが住んでいて、メイとサツキに見付かってしまう。そのお化けは子供にしか見えなかった。

おすすめ度
4
  1. 1
  2. 2
  3. 3