おすすめ洋画一覧

【エターナル・サンシャイン】死ぬまでに絶対見ろ!こんな恋愛映画見たことない

【エターナル・サンシャイン】死ぬまでに絶対見ろ!こんな恋愛映画見たことない

舞台は現代のアメリカ。ヴァレンタイン目前に恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と大喧嘩をしてしまった平凡男のジョエル(ジム・キャリー)。ジョエルは何とかクレメンタインと仲直りしようとプレゼントを持って彼女の働く本屋に足を運んだ。しかし、そこに居た彼女はジョエルの知っているクレメンタインではなかった。まるで自分のことを知らないかのように接するクレメンタイン。そしてジョエルの知らない男とイチャイチャし始めるのだった。その様子を目の当たりにして酷くショックを受けるジョエル。そんなジョエルの元に不思議な手紙が届いた。その手紙の中には『クレメンタインはジョエルとの記憶を全部消してしまった』と書かれていた。失恋の記憶消します。

おすすめ度
4.5
【少年と自転車】父親に捨てられた少年の心の葛藤に胸が痛くなる

【少年と自転車】父親に捨てられた少年の心の葛藤に胸が痛くなる

シリルはもうすぐ12歳になる施設暮らしの少年。孤独からか周りの大人に対して反抗的な態度を取ってしまうようになっていた。そんなシリルのたった一つの願いは自分を捨てた父を見つけ出し、もう一度一緒に住むことだった。まだ幼いシリルは自分が捨てられたということを受け入れることが出来ず、どんなことがあっても父親を信じ、決して父親の悪口を口にしたりしなかった。既に父親の携帯電話は解約されており、どれだけ電話をしても決して繋がることはなかったのだった。どれだけ先生がその事実を伝えようともシリルは父親以外の大人を信用していなかった。ある日学校へ行くふりをし、施設を抜け出したシリル。以前住んでいた団地へと真っ直ぐ向かい、父親が住んで居るであろうアパートの呼び鈴を何度も鳴らした。しかし、どれだけ鳴らしても父親は出てこない。やがて呼び鈴の音に気付いた隣人が出てきて、そこに誰も住んでいないという事実をシリルに伝えた。ただ、その言葉を信じられないシリルは何度も何度も呼び鈴を鳴らし、隣人からは出ていくように言われる。

おすすめ度
4
【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

【マイ・ボディガード(Man on Fire)】この映画は死ぬまでに見ろ!!!!

舞台は現代のメキシコ。治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

おすすめ度
5
【落下の王国(THE FALL)】”超おすすめ映画” 世界にたったひとつの作り話

【落下の王国(THE FALL)】”超おすすめ映画” 世界にたったひとつの作り話

舞台は1915年のアメリカ、ロサンゼルス。映画のスタントマンとして働いていた『ロイ・ウォーカー(リー・ペイス)』は撮影中の事故で橋から落下し両足を骨折するという大怪我を負い病院に入院していた。ロイの不運はそれだけにとどまらず、恋人を映画の主演俳優に奪われるといったことなどもあり自暴自棄に陥っていた。

おすすめ度
4.5
【100歳の少年と12通の手紙】”嗚咽注意” ガチで号泣するおすすめ映画

【100歳の少年と12通の手紙】”嗚咽注意” ガチで号泣するおすすめ映画

物語の舞台は様々な難病を患った子供たちが多く入院しているフランスのとある病院。そこにオスカーも入院していた。オスカーも難病を患った子供の一人だったのだ。白血病のオスカーは大人に対して不信感を抱いていた。白血病のオスカーを腫れ物を触るように接する大人たちに嫌気がさし、本当の気持ちを言えずにいたのだった。

おすすめ度
5
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】80歳で生まれ、若返っていく男の物語

【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】80歳で生まれ、若返っていく男の物語

舞台は現代のアメリカ。病院のベッドの上で老婆が見舞いに来た自分の娘にある男の話を始める。その老婆の名前はデイジー・フューラー(ケイト・ブランシェット)。そして、老婆の口から登場する男の名前はベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。ベンジャミン・バトンは人と違う、数奇な人生を送ったのだった。ベンジャミンは第一次世界大戦が終了してすぐの1918年にニューオーリンズで生まれた。彼は生まれた時から老いていた。見た目は80歳のおじいちゃん。

おすすめ度
5
【サンドロット – 僕らがいた夏 -】永遠の名作 – 死ぬまでに絶対見て欲しい映画

【サンドロット – 僕らがいた夏 -】永遠の名作 – 死ぬまでに絶対見て欲しい映画

舞台は1962年のアメリカ。前年の1961年に野球の神様と言われたベイブ・ルースがアメリカ野球殿堂を果たした。当時少年達の間で流行っていたものは『野球』。話題であり、もっとも熱いスポーツであった。そして、ベイブ・ルースは当時アメリカの少年達にとっての偉人であり、憧れの存在であった。スコッティ(トム・グイリー)はその年の夏ある町に引っ越して来た。野球についての知識がほとんどなかったスコッティはなかなか友達が出来ずにいた。スコッティは母に「友達を作りなさい」と言われ草野球チームに入ることを決心する。

おすすめ度
4.5
【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

【ヴィンセントが教えてくれたこと】不良ジジイの笑って泣けるおすすめ映画

ギャンブルが大好きでアルコールに溺れるちょい悪親父のヴィンセント(ビル・マーレイ)。ヴィンセントは口が悪く、偏屈な老人で周りの人間からは疎まれる存在だった。そんなヴィンセントが唯一こころを許すのはペットの猫のフィリックスだけだった。ある日、そんなヴィンセントのお隣にある一家が引っ越して来る。ヴィンセントの隣に引っ越して来たのはシングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)、そして息子のオリバー(ジェイデン・リーバハー)だった。オリバーは見るからにひ弱そうな小学生でいじめられっ子の少年だった。しかし、幼い頃に両親が離婚したせいか、どこか大人びている一面もあった。シングルマザーであるマギーは女手ひとつでオリバーを育てていて、仕事の都合で帰りが遅くなることも…。

おすすめ度
4
【ハッピーエンドの選び方】いつか迎える最期をコミカルに描いた感動映画

【ハッピーエンドの選び方】いつか迎える最期をコミカルに描いた感動映画

エルサレムのある老人ホームで暮らすヨヘスケル(ゼーブ・リバッシュ)は発明が趣味だった。彼のユニークなアイデアから生まれる発明品の数々はみんなの生活を少しだけ楽にするようなものだった。ヨヘスケルはある日、親友のマックスから発明の依頼を受ける。マックスは望まぬ延命治療で苦しんでいた。そんなマックスはヨヘスケルに『安らかに死ねる発明品を作って欲しい』とお願いをするのだった。しかし、ヨヘスケルの妻のレバーナ(レバーナ・フィンケルシュタイン)は猛反対した。それでもお人よしのヨヘスケルは親友の最後の願い、そしてマックスを"助けたい"という一心から、ある発明をするのだった。

おすすめ度
4.5
【灼熱の魂(Incendies)】1+1=1 心が壊れそうになる衝撃のおすすめ映画

【灼熱の魂(Incendies)】1+1=1 心が壊れそうになる衝撃のおすすめ映画

物語はジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マクシム・ゴーデット)の母、ナワル・マルワンの死、そして彼女の遺言からはじまる。舞台は現代のカナダのケベック州。それはジャンヌとナワルが訪れたプールで起きた突然の出来事だった。ジャンヌには何が起きたのか理解できなかった。プールサイドに居た母が原因不明の放心状態になってしまたのだった。ジャンヌが幾らナワルに声を掛けても返事はない。

おすすめ度
5
【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

【ターミネーター2】”名作殿堂入” おすすめアクション映画

ターミネーターの死闘から10年の月日が流れ、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は精神病院に隔離させられていた。『数年後に核戦争で世界が滅亡する』と訴えた事がきっかけで警察に精神病患者として入れられたのだ。もちろんサラとターミネーターが死闘を繰り広げた話も数年後に核戦争が起こるという話など誰も信じることはなかった。そんなサラには子供がいる。ターミネーターとの死闘を繰り広げる中で出会ったカイルとの間に授かった子供である。

おすすめ度
4.5
【ツリー・オブ・ライフ】父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった

【ツリー・オブ・ライフ】父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった

舞台は現代のアメリカ。実業家として成功を収めたジャック・オブライエン(ショーン・ペン)。そんなジャックだったが人生の岐路に立たされ、深い喪失感に襲われてしまう。そんな時に思い出したのが少年時代の思い出、兄弟と両親の事だった。ジャックは母親を蔑み、兄弟へ不器用な愛を向け、父親を憎んでいた。

おすすめ度
4
【グラン・トリノ(Gran Torino)】絶対に死ぬまでに見て欲しいおすすめ映画

【グラン・トリノ(Gran Torino)】絶対に死ぬまでに見て欲しいおすすめ映画

舞台はアメリカのデトロイト。庭付きの一軒家に愛犬のデイジーと暮らしている元軍人のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)。最愛の妻が他界し一人になってしまった。ウォルトは息子や孫に疎まれ、周りの人間からは嫌われ者の存在だった。その理由はウォルトには、自分だけの正義があり、それに外れるものは何もかも許せないという考えの持ち主だったからだった。

おすすめ度
5
【サイモン・バーチ】”号泣” 小さなヒーローを描いたおすすめ映画

【サイモン・バーチ】”号泣” 小さなヒーローを描いたおすすめ映画

舞台はアメリカ、メイン州にあるグレイブズタウンという田舎町。1952年、そこでか細くも大きな産声を上げたサイモン・バーチ(イアン・マイケル・スミス)。サイモンは通常の赤ん坊と異なり、体も心臓などの主要な臓器も小さかった為、サイモンを取り上げた医師は、サイモンの両親に『この子は長くは生きられない。一晩もたないかもしれない…。』と告げた。それでもサイモンは1週間、1年と必死に生き続け、まわりの人間はそれを奇跡と呼んだ。

おすすめ度
4
【幸せの教室(Larry Crowne)】トム・ハンクス主演のほっこりおすすめ映画

【幸せの教室(Larry Crowne)】トム・ハンクス主演のほっこりおすすめ映画

舞台はアメリカ。海軍の退役軍人のラリー・クラウン(トム・ハンクス)。退役後はスーパーで長い間働いていたラリーだったが、大卒でないという理由で長い間勤めていたスーパーをリストラされてしまう。ラリーはバツイチで一軒家に一人暮らし。急な事で再就職の宛てもなく自宅立ち退きの可能性も出て来て落ち込んでいた。そんなラリーを見て隣人のラマー(セドリック・ジ・エンターテイナー)はこの先のラリーの可能性を広げる為に短期大学に通うことを勧める。

おすすめ度
4
【アトランティスのこころ】大人になると幻の国は消える…

【アトランティスのこころ】大人になると幻の国は消える…

舞台はアメリカ。カメラマンの仕事をしているボビー(デヴィッド・モース)の元に1つの小包が届く。その中身を開けてみると見覚えのある古びたグローブと、親友だったサリーの訃報の手紙が入っていた。それを見たボビーは生まれ故郷に帰ることにした。そして、そこで少年時代、過去の出来事を思い出すことになる。それは40年程前の少年ボビーの思い出であり、同時に二度と帰って来ない夏の日々の出来事だった…。

おすすめ度
4
【フォレスト・ガンプ /一期一会】人生はチョコレートの箱と同じ

【フォレスト・ガンプ /一期一会】人生はチョコレートの箱と同じ

今日もフォレスト(トム・ハンクスはバス停にいた。そして、バスを待つ人々に話し掛けるフォレスト。「僕の名前はフォレスト・ガンプ。チョコレートどうです?僕は150万個食べられる。」そうして毎日バス停で待ち続ける。彼女がやって来るのを…。

おすすめ度
4.5
【グリーンマイル(The Green Mile) 】握りつぶそうとしたのは美しい魂

【グリーンマイル(The Green Mile) 】握りつぶそうとしたのは美しい魂

108歳の『ポール(トム・ハンクス)』は老人ホームで暮らしていた。老人ホームの娯楽室で『トップ・ハット』を観たことで60年前の出来事を思い出す。1932年アメリカの刑務所で看守主任として勤めていたポール。愛する妻がいて、一人を除き部下にも恵まれていた。あえて悩みを挙げるとすれば、ずっと苦しんでいる尿道の病気だ。

おすすめ度
4.5
【アルマゲドン(Armageddon)】号泣する映画といえばこれ

【アルマゲドン(Armageddon)】号泣する映画といえばこれ

21世紀を目前にしたある日、宇宙で人工衛星を修理していたスペースシャトルが大破した。原因は『流星雨』だった。その後世界中各地で流星雨が降り注ぎ壊滅的な被害を与えると同時に世界中の人々に恐怖を植え付けた。そして、更なる調査の結果アメリカのテキサス州に匹敵するほどの大きさの巨大なアステロイド(小惑星)が地球に接近中で、計算では18日後に地球に衝突し、人類滅亡が免れないという事が分かった。

おすすめ度
4.5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5