パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)

© 2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『小説家の父から、時を越え届く愛の物語に涙あふれる、この秋一番の感動作』

映画タイトル

パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)

制作国

アメリカ・イタリア

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2015年10月3日

 監督

ガブリエレ・ムッチーノ

 パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)の主要キャスト

  • ラッセル・クロウ
  • アマンダ・セイフライド
  • アーロン・ポール
  • ダイアン・クルーガー
  • クヮヴェンジャネ・ウォレス
  • ブルース・グリーンウッド
  • ジャネット・マクティア
  • カイリー・ロジャーズ
  • ジェーン・フォンダ
  • オクタヴィア・スペンサー
  • ライアン・エッゴールド
  • ブレンダン・グリフィン

 パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)のキャッチコピー

ゆびきりの約束―ずっと一緒。

 パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)のストーリー

彼女に隠された心の傷
大好きだった父
もっと一緒にいたかった

父は、愛する娘へ物語を書き続けた。
約束を果たすために…

舞台のはじまりは1989年のアメリカ、ニューヨーク。
小説家ジェイク・デイヴィス(ラッセル・クロウ)は妻と7歳の娘のケイティ(アマンダ・セイフライド | カイリー・ロジャーズ)とで幸せな生活を送っていた。
しかし、家族で過ごすそんな幸せなの日々も長くは続かなかった。
ある時、ジェイクが起こした交通事故により最愛の妻が他界してしまうこととなる。
そして、その事故の影響でジェイクも長期入院することとなり、一人娘のケイティは妻の姉のエリザベス(ダイアン・クルーガー)に預けられることとなった。

それから7ヶ月後、ジェイクは退院し娘のケイティを迎えに行く。
そして不安そうなケイティに対してジェイクは『もう離れない。ずっと一緒だ。』と言葉を掛け安心させたのだった。

しかし、その後ジェイクは事故の後遺症に苦しみながら執筆した新作で評論家からは酷評を受けてしまう。
そして立て続けに今度はジェイクの他界した妻の姉であるエリザベスがケイティの養育権を掛けて裁判を起こすことに…。

様々な悪い出来事に襲われどんどん追い込まれていくジェイク。
そんな中、新しく執筆し始めたのが自分とケイティについての物語だった…。

それから25年後、ケイティは大学で心理学を学んでいた。
そして、ケイティは過去のトラウマから人を愛することが出来なくなってしまっていた。
そんなケイティの前にある男性が現れるのだった…。

それは父の小説が繋いだ出会い。
父の愛を知り、今新しい物語が始まる。

 パパが遺した物語(FATHERS AND DAUGHTERS)の関連記事

関連記事はありませんでした