バクマン。(BAKUMAN)

© 2015 映画「バクマン。」製作委員会

『描く。ジャンプの頂点へ。』

映画タイトル

バクマン。(BAKUMAN)

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : 青春ドラマ

 映画の公開年

2015年10月3日

 監督

大根仁

 バクマン。(BAKUMAN)の主要キャスト

  • 佐藤健
  • 神木隆之介
  • 染谷将太
  • 小松菜奈
  • 桐谷健太
  • 新井浩文
  • 新井浩文
  • 皆川猿時
  • 宮藤官九郎
  • 山田孝之
  • リリー・フランキー

 バクマン。(BAKUMAN)のキャッチコピー

描く。ジャンプの頂点へ。

 バクマン。(BAKUMAN)のストーリー

これはプロの漫画家を夢見る二人の少年の物語…。

高校生になった真城最高(佐藤健)は小さい頃から絵やイラストを書くのが得意で、
高い画力、才能をもっていながらも自分の将来に夢を持たず、
ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。
そして、それには理由があった。

最高の伯父(宮藤官九郎)は、週刊少年ジャンプに自らの漫画を連載し、
その作品が単行本となり連載を続けた結果アニメ化もされたプロの漫画家・川口たろうだ。
しかし、川口たろうのマンガ連載は長くは続かず、その後打ち切りとなってしまった。
それでも諦めずに連載を狙って漫画を書き続けた川口たろうは過労により亡くなってしまったのだった。

ある日、最高はある出来事をきっかけにクラスメイトで秀才の高木秋人(神木隆之介)に、『俺と一緒に組んで漫画家にならないか?』と誘われる。
秋人は絵を描く才能こそなかったが、文才に長けた学年トップレベルの秀才だった。
『現実的じゃない』と最初は秋人の誘いを断っていた最高だった。

しかし、クラスメイトで声優を志す女の子の亜豆美保(小松奈々)に片思いをしていた森高は、その恋心をきっかけに漫画家を目指すこととなる。
最高は『自分は漫画家として。亜豆は声優として。お互いの夢が実現したら結婚する』と約束したのだった。

高い画力を持つ最高。
そして高い文章力を持つ秋人。
性格も違う、タイプも違うそんな二人が組んで本気で漫画家を目指し、週刊少年ジャンプで連載を狙う為に
二人で日々漫画作りに明け暮れる。
そんな二人の才能をジャンプ編集者の服部(山田孝之)に見出され、漫画家という道の中でようやく光が見えてきた時に突然ライバルが現れる。
そのライバルの名前は新妻エイジ(染谷翔太)

若干17歳であの手塚賞入選を果たした天才の新妻エイジは
その後瞬く間にプロの漫画家としてジャンプでの連載を決め、最高と秋人の遠く先を走り始めるのだった。
それと同時に最高と秋人の前に次々とライバル達が現れるのだった。

果たしてふたりはジャンプ連載を勝ち取ることができるのか!?

原作は少年ジャンプで連載されアニメ化もされた漫画の『バクマン。(BAKUMAN)』

 バクマン。(BAKUMAN)の関連記事

関連記事はありませんでした