夢売るふたり

©2012「夢売るふたり」製作委員会

『人間最大の謎は、男と女』

映画タイトル

夢売るふたり

制作国

 映画のジャンル

邦画 : ラブロマンス

 映画の公開年

2012

 監督

西川美和

 夢売るふたりの主要キャスト

  • 松たか子
  • 阿部サダヲ

 夢売るふたりのキャッチコピー

人間最大の謎は、男と女

 夢売るふたりの見所

阿部サダヲのシリアスな演技

 この映画を一言で表現すると

男と女

 夢売るふたりのストーリー(あらすじ)

開店5周年を迎えた市澤夫婦の料理店『いちざわ』が火事になった。
逃げ惑う客。
そして、懸命に消火作業を行う貫也(阿部サダヲ)。
だが、その甲斐もなく、店は全焼してしまう。

幸いにもこの火事で大怪我をする事はなかった。
しかし、その事がショックで貫也は働きもせずにお酒におぼれる毎日となってしまう。

妻の里子は生活を支える為にラーメン屋さんでアルバイトを始める。
そんなある日、貫也は駅のホームで
以前『いちざわ』mp常連客だった玲子と再会し、酔った勢いで一線を越えてしまうことになる。

その後『いちざわ』の事情を知った玲子。
玲子は不倫相手から手切れ金をもらっていたのだが、
その手切れ金を貫也に渡すことになる。

貫也はそのお金を持って帰り、お金が手に入った事を里子に告げるのだが、
その結果浮気がばれてしまい、貫也が入浴中にその手切れ金を目の前で燃やされてしまう。

しかし、その事がきっかけとなり、里子はある事を思い付く。
それは夫を利用して行う、『結婚詐欺』。

再び自分の店を持ちたいと願う貫也。
そんな貫也を使い、独身女性の心の隙間に入り込ませ、
その女性から結婚詐欺という形でお金を巻き上げていく里子。

その後繰り返される結婚詐欺。
男と女の駆け引き。
女性のしたたかさ。
生き方。

自分達の幸せの為に女性の想い、
気持ちさえも利用していくその生き様。

市澤夫婦は幸せを手に入れることが出来るのだろうか?

 夢売るふたりの個人的レビュー

この作品『夢売るふたり』もおすすめ映画で、面白いです!
阿部サダヲが演じる(市澤貫也)、松たか子が演じる(市澤里子)。
この夫婦2人がが行う、『結婚詐欺』っていう題材がまた面白い要因だったんだと思います。

女性の数だけ様々なドラマがあり、『女性』を中心に色んなものが詰まった作品となっていると思います。
松たか子の美しさもさる事ながら、阿部サダヲの演技も凄いです!
本当に愛しているのか、愛していないのか…

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。