となりのトトロ

© 1988二馬力・G

『このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。』

映画タイトル

となりのトトロ

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : アニメーション映画

 映画の公開年

1988年

 監督

宮崎駿

 となりのトトロの主要キャスト

  • 日高のり子
  • 坂本千夏
  • 糸井重里
  • 島本須美
  • 高木均
  • 龍田直樹
  • 北林谷栄
  • 雨笠利幸

 となりのトトロのキャッチコピー

このへんないきものは まだ日本にいるのです。たぶん。

 となりのトトロの見所

サツキとメイの冒険

 この映画を一言で表現すると

姉妹が過ごした不思議な時間

 となりのトトロのストーリー(あらすじ)

小学生のサツキと5歳のメイとその父が都会から離れ田舎の一軒家へと引っ越して来るところからこの物語は始まる。
それは入院中のサツキとメイの母親を空気の綺麗なお家で迎えたいということからだった。

新しく住むことになった家は古く、近くに住む子供からは『お化け屋敷』と呼ばれていた。
長いこと空き家だったようでひどく汚れてしまっていた家にはお化けが住んでいて、
メイとサツキに見付かってしまう。
そのお化けは子供にしか見えなかった。
特に何をするでもなく、害もないお化けで
そこに人が住むことでお化けは自然と消えてしまうというものだった。

お化けを見たという事を入院する母に早速伝えに行った二人。
そんな二人に母は優しく接し、サツキとメイの中で『早く新しい家でお母さんと一緒に暮らしたい』という想いが一層強くなった。

新しい生活が始まり、サツキが新しい学校へ通うようになった頃、
メイは自宅の庭で不思議な生き物を見付ける。
その生き物を追い掛けていったメイは次第に森へとたどり着き、そこで寝転ぶ不思議で大きな生き物と出会ったのだった…。

 となりのトトロの個人的レビュー

この作品『となりのトトロ』もおすすめ映画です!
もしかしたらジブリ作品で最も有名な作品なのかもしれませんが、
僕がこの『となりのトトロ』を観たのは20歳を過ぎてからです。

それまでは『トトロ』が何なのか、
どういう生き物なのか全く知りませんでしたし、
この『となりのトトロ』がどういうストーリーなのかという事も全く知りませんでした。

それでもこの映画を観終わったあとに
一番ジブリらしい映画だなと思いました。

ジブリって子供に夢を与えてくれますよね?
『もしかしたらこういう生き物が本当に存在するんじゃないかな』とか

自分の世界を広げてくれるというか、
想像を豊かにしてくれますよね。

ちょっと脱線しちゃいますが、となりのトトロの『都市伝説』をご存知でしょうか?

・トトロは死神だった
・死神のトトロに出会った事でメイとサツキは死んでしまい、映画の後半から二人の足元から影が消えた
・二人の姿が両親には見えない
・作中で出てくる地蔵にメイという名前が刻まれている
・エンディングはメイとサツキがまだ生きていたころの回想シーン

などなど、色んな噂がありました。

それを見て
『なんだこれ!』
『ジブリアニメじゃないのか?』
『気になる…。』

正直にいうとこの映画を観たきっかけはそんな感じでした。

最初は『一般的なジブリ作品として』
二回目は『都市伝説的な視点で』

観終わった後に何だか不思議な気持ちになりました…。

そういう事抜きにしても僕は良い映画だったと思いますし、
ジブリの良さが詰まった想像力を膨らませてくれる素敵な作品だったと思います!!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
是非一度都市伝説的な視点でも観てみてください。