たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛

© 2002 松竹・日本テレビ・住友商事・博報堂・日販・衛星劇場

『悲しませたくない人が、いますか?』

『誰を、幸せにしたいですか?』

『たたかうお父さんがほんとうに好きですか?』

『誰といると、心が素直になれますか?』

『たそがれ時、誰と会いたくなりますか?』

『愛することより大切なことって、なんですか?』

映画タイトル

たそがれ清兵衛

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : 時代劇

 映画の公開年

2002

 監督

山田洋次

 たそがれ清兵衛の主要キャスト

  • 真田広之
  • 宮沢りえ
  • 田中泯

 たそがれ清兵衛のキャッチコピー

ただ、愛する人のために。

 たそがれ清兵衛の見所

貧乏ながらも懸命に生きる侍の生き様

 この映画を一言で表現すると

家族愛

 たそがれ清兵衛のストーリー(あらすじ)

『あの…私はここでお帰りをお待ち出来ましねども…どうかご無事で…。』

たそがれ清兵衛
出典元 : ilikecinema.seesaa.net

海坂藩(実際には存在しなかった藤沢周平作品で登場する藩)で認知症の老母と幼い二人の娘を抱えながらも必死に生きる、下級武士『井口清兵衛(真田広之)』。
清兵衛達一家は非常に貧しい生活を送っていた。

清兵衛は妻を労咳で亡くし、亡くなった妻の薬代や葬儀などで友人、親戚などから多額の借金をしており、
毎日夕刻(たそがれ時)になると同僚の飲みの誘いなども断り、真っ直ぐに帰宅し子供や母の世話をしながら内職を行い、畑仕事をし、何とかその日その日を暮らしていた。

汚れた衣服、悪臭、付き合いの悪さ、そんな清兵衛を見て同僚は『たそがれ清兵衛』と陰で馬鹿にするようなる。

そんな中、貧乏生活を送る清兵衛に叔父の藤左衛門(丹波哲郎)は縁談の話を持ちかける。
『容姿は期待するな』、『顔なんてついていればいい』、『尻のでかい元気な子を産む女であればいい』と話す藤左衛門。
そんな藤左衛門に呆れ、この縁談を断る。
そもそも清兵衛には再婚する気など、最初からなかったのである。

そんな清兵衛に娘たちも『お父さんが居てくれればそれでいい。寂しくない』と言ってくれた。

帰宅してからは内職、そして畑仕事をする毎日。
そんな中ある日、清兵衛の友人の妹、幼馴染の飯沼朋江(宮沢りえ)と再会する。
その事をきっかけに清兵衛のその後の人生が変わっていくことになります。

友人の妹で幼馴染である朋江は容姿端麗、学もあり、他の女性とは違う考え方をもっている素敵な女性であった。
朋江は夫と別れ、飯沼家に出戻っていた。

離婚の原因は酒乱である元夫の甲田による度重なる暴力。
限界を感じた朋江の兄の飯沼倫之丞(吹越満)は御上にお願いをし、甲田と朋江を離縁させた。

ある日、清兵衛の家に家事の手伝いをしにやって来た朋江を飯沼家まで送っていた清兵衛。
飯沼家には朋江の元夫、甲田が来ていた。
ひどく酔った様子で怒鳴り散らす。

『恥をかかされた』という甲田は戻って来た朋江に手を上げる。
そのまま清兵衛に押さえ込まれる甲田だが、その後清兵衛に対して決闘を申し込むことになってしまう。

たそがれ清兵衛
© 2002 松竹・日本テレビ・住友商事・博報堂・日販・衛星劇場

そして大切な人を守る為に清兵衛は剣を握った…。

 たそがれ清兵衛の個人的レビュー

この作品『たそがれ清兵衛』も超おすすめ映画です!
この映画は僕が今まで観た映画の中で、良かった映画のベスト10に入る映画だと思います。
何というか…『日本人に生まれて良かった』と思ってしまうような映画でした。

出演者には宮沢りえ真田広之がいます。
この二人の演技、その時の時代背景を思わせるような言葉だったり、その地方の方言など何だか本当にその時代を観ているような気持ちにさせられる映画でした。
主題歌を歌う井上陽水の「決められたリズム」もすごく映画にマッチしていました。

藤沢周平の「たそがれ清兵衛」、「竹光始末」、「祝い人助八」という短編小説が元となっておりますが、映画の細かい設定とか少し異なる部分もありますが、それでも映画だからこそというか、とにかく最高の作品だったと思います。

愛、友情、家族愛、大切な人を想う気持ち
色んな大切なものが凝縮された作品となっております。

時代劇というと、刀で誰かを切ったり、そういったアクション要素みたいなものが多いイメージだったのですが、この映画ではそういう要素もあまりなく、ジャンルとしてはヒューマンドラマのような感じだと思います。

僕はこの映画を観終わった後に胸がスーっとする感覚があったり、本当に日本人に生まれて良かったなと思わされました。
こうして文章を書いていて、僕自身文才も無ければ、上手な比喩や言い回しのような事も出来ませんが、本当に良い映画だという事は断言出来ます。

時間の無駄だったと思うことも絶対にありませんし、観て後悔する事もないと思います。
観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。

目に映る美しさが全てではないと思わされる素晴らしい映画です。