ソラニン

© 2010 浅野いにお・小学館 / 「ソラニン」製作委員会

『私は歌う。キミがいた事を証明するために』

映画タイトル

ソラニン

制作国

 映画のジャンル

邦画 : 青春ドラマ

 映画の公開年

2010

 監督

三木孝浩

 ソラニンの主要キャスト

  • 宮崎あおい
  • 高良健吾
  • 桐谷健太
  • 近藤洋一
  • 伊藤歩

 ソラニンのキャッチコピー

切なく胸に鳴り響く、感動の青春恋愛映画の誕生

 ソラニンの見所

5人の青春

 この映画を一言で表現すると

生きることの表現

 ソラニンのストーリー(あらすじ)

『一緒に死んでくれんの?』

『ずっと怖かった…。』

大学を卒業してOLとして働く芽衣子(宮崎あおい)は職場での人間関係、大人に対する不満。
そして将来の事など、様々な不安や不満を抱えていた。そして、社会人2年目にして会社を辞めてしまう。

そんな芽衣子と同棲している種田(高良健吾)は自分の夢を諦め切れず
フリーターをしながら大学時代の友人の加藤(近藤洋一)とビリー(桐谷健太)とバンド活動をしていた。
色んな想いを抱え夢を追い掛けられない種田。やりたい事を本気でやった時に否定されるのが怖い。

芽衣子と種田、お互いがお互いに言い聞かせる。
「やりたい事があればやればいい。そう思うんだったら実行すればいい。」

そして芽衣子は会社を辞めた。
種田はバイトを辞めてバンドのレコーディングに集中し、
その後出来たデモをライブハウスやレコード会社に送る。それで結果が出なければバンドを解散する事を決意する。
そんな中事件は起きる…。

 ソラニンの個人的レビュー

この映画『ソラニン』もおすすめ映画です!
原作は『おやすみプンプン』などでも有名な浅野いにおです。
浅野いにおの描くマンガはすごく独特な世界観があるんですけど、
いい意味でこの映画にその世界観が表現されていると思います。

ソラニンとはじゃがいもの芽にある毒のこと
この作品はストーリーの中心人物の芽衣子と種田の恋の物語、そしてどこにでもありそうでないような、でもあるかもしれない20代の若者の様々な葛藤を描いた物語です。

主要キャストは

  • 宮崎あおい
  • 高良健吾
  • 桐谷健太
  • 近藤洋一
  • 伊藤歩

です。

宮崎あおいを始め、キャスト全員がすごくいい味を出していると思います。
大枠は大学時代に結成したバンドのお話なのですが、そのバンドの感じもそれぞれのキャストが本当にいい雰囲気で再現していると思います。

色んな経験をして、色んな想いを胸に少しずつ大人になろうと成長していく。
この『ソラニン』という映画は今の若者の想い、青春を描いた作品になっています。

  • 何となく生きていく毎日
  • やりたい事に本気になれない日々
  • 将来への不安

不安を抱えながらも行動してみる。
20代の頃、誰もが一度は同じような想いを経験するのではないでしょうか。
特に同世代の人には是非観て欲しい映画だと思っています。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
自分の中にある、あるいはあった大切な何かを思い出させてくれるかもしれません。