映画 深夜食堂

映画 深夜食堂

© 2015安倍夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会

メニューはこれだけ。後は勝手に注文してくれりゃ出来るものは作るよっていうのが俺の営業方針さ。

映画タイトル

映画 深夜食堂

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2015年

 監督

松岡錠司

 映画 深夜食堂の主要キャスト

  • 小林薫(マスター)
  • 不破万作(忠さん)
  • 綾田俊樹(小寿々)
  • 松重豊(竜)
  • 光石研(野口)
  • 安藤玉恵(マリリン)
  • 須藤理彩(ミキ)
  • 小林麻子(ルミ)
  • 吉本菜穂子(カナ)
  • 中山祐一朗(八郎)
  • 山中崇(ゲン)
  • 宇野祥平(小道)
  • 金子清文(金本)
  • 平田薫(足立 サ)
  • 篠原ゆき子(夏木 いずみ)
  • 谷村美月(かすみ)
  • オダギリジョー(小暮)

 映画 深夜食堂のキャッチコピー

小腹も心も満たします。

 映画 深夜食堂の見所

今まで見れなかったマスターの日常

 この映画を一言で表現すると

路地裏のほっこり人情ドラマ

 映画 深夜食堂のストーリー(あらすじ)

舞台は新宿・花園界隈の路地裏にある『めしや』という名の飲食店。
マスターが一人で切り盛りしている、カウンターだけの小さな飯屋である。
営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで。
深夜にしか営業しないことから、常連からは『深夜食堂』と呼ばれている。

店のメニューは

豚汁定食 600円
ビール(大) 600円
酒(二合) 500円
焼酎(一杯) 400円

の4品だけ。

勝手に注文してくれれば出来るものは作るというマスターの営業方針だ。

そんな『深夜食堂』には常連客や新規、ちょっと変わった客などもやって来て
マスター(小林薫)や客同士で交流が行われている。

ある日、そんな『深夜食堂』で客の忘れ物が見付かる。

マリリン(安藤玉恵)が店のカウンターの隅で見付けたその忘れ物は風呂敷で包まれたものだった。
忠さん(不破万作)がその風呂敷を開けると中身は骨壷だった。

誰かが忘れていったのか、置いていったのか…
捨てるわけにもいかず、困り果てたマスターはお店、めしや(深夜食堂)の二階に置くことにした。

そんなこともあり、常連客たちが骨壷のことで話に花を咲かせていたある日
めしや(深夜食堂)に久しぶりの客がやって来た。
それはたまこ(高岡早紀)だった。

最近愛人を亡くしたたまこは新しい愛人を探していた。
そんなたまこは最近めしやに顔を出すようになった西田はじめ(柄本時生)に惹かれるのだった…。

その他にもめしやで無銭飲食したのが縁となって住み込みで働くことになったみちる(多部未華子)
福島までボランティアに来てくれていた女性を探しに東京に出て来た謙三(筒井道隆)など、
様々な登場人物の間でドラマが繰り広げられるのだった…。

 映画 深夜食堂の個人的レビュー

あの『深夜食堂』が映画化!
ドラマを見た人も、ドラマを見てない人も楽しめること間違いなし!

この映画『映画 深夜食堂』も超おすすめ映画なので紹介させていただきます!!
映画化されても
ドラマ『深夜食堂』のシーズン1〜シーズン3まで出てくるお馴染みの常連客の

キャップを被った遊び人の忠さん(不破万作)
オカマバーのママ小寿々(綾田俊樹)
ヤクザ者の竜(松重豊)にゲン(山中崇)
ストリッパーのマリリン(藤玉恵)
フリーカメラマンの小道
警察官になった小暮

なども登場!

『ナポリタン』
『とろろご飯』
『カレー』
ドラマと同様にそれぞれの登場人物のそれぞれのお話に1品ずつ料理の名前がついています。

文字通り何も考えずに見ることが出来る
人情味溢れるヒューマンドラマ映画です!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非1度。
観終わった後に優しい気持ちになれる素敵な映画です!

この映画『映画 深夜食堂』も本当に超おすすめな映画です!!