るろうに剣心

© [c]和月伸宏/集英社 [c]2012「るろうに剣心」製作委員会

『優しいヤツほど気をつけろ。』

映画タイトル

るろうに剣心

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : アクション / 時代劇 / ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2012年

 監督

大友啓史

 るろうに剣心の主要キャスト

  • 佐藤健
  • 武井咲
  • 江口洋介
  • 吉川晃司
  • 蒼井優
  • 青木崇高
  • 綾野剛
  • 須藤元気
  • 田中偉登
  • 平田薫
  • 江口洋介
  • 永野芽郁
  • 窪田正孝
  • 奥田瑛二
  • 香川照之

 るろうに剣心のキャッチコピー

優しいヤツほど気をつけろ。

 るろうに剣心の見所

日本映画史上類を見ない大迫力のアクション

 この映画を一言で表現すると

明日を生きる

 るろうに剣心のストーリー(あらすじ)

時代は幕末の動乱。
伝説の人斬りとして有名な一人の男が居た。
その男の名前は『緋村剣心(佐藤健)』は凄腕の剣客でその独特な剣術や剣の腕からか『人斬り抜刀斎』という通り名があった。
江戸から明治に掛けて幕末の動乱で人斬り抜刀斎は『誰もが幸せでいられる新時代』を作るために幕府の要人や佐幕派の武士達を斬り続け、その名を轟かせた。

新時代を迎え、時代は明治。
緋村剣心は人斬ること、人の命を奪うことを絶対に禁じ、自ら『不殺(ころさず)の近い』を立てていた。
人斬りとしての自分を捨て、腰には切れば通常の刀とは刃と峰が逆向きに打たれた刀、”逆刃刀”を差し、幕末の動乱で奪って来た命の分かよわき人を助け『流浪人(るろうに)』として日本中を旅していた。

そして幕末の動乱から10年が過ぎた明治11年。
緋村剣心は東京に居た。
『人斬り抜刀斎』という通り名も人々の脳裏から忘れ去られようとしていた頃東京では中毒性の高い『新型阿片の密売』、
そして『人斬り抜刀斎』を名乗る男の辻斬りが横行していた。
噂の『人斬り抜刀斎』は神谷活心流を名乗り、そんな門弟に身に覚えのない神谷活心流の師範代である少女、『神谷薫(武井咲)』は人斬り抜刀斎の行方を必死に探していた。
神谷活心流は『人を斬る』剣術にあらず、『人を活かす剣』だと薫の父が立ち上げた流派だったのだ…。

腰に刀を差して歩く剣心は薫に『神谷活心流を名乗る日村抜刀斎』だと勘違いされてしまう。
そして、その事がきっかけで剣心は薫の神谷活心流の道場に居候として住まうこととなるのだった。

その後、剣心や薫達は阿片事件や人斬り抜刀斎事件に巻き込まれることとなる…。

 るろうに剣心の個人的レビュー

この映画『るろうに剣心』もおすすめ映画です!
映画るろうに剣心は漫画原作の映画ですが、僕はこの漫画が大好きでした!
今思えば"侍"や"刀"、"時代劇"にはまったのもこの映画がきっかけだったと思います。

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は週刊少年ジャンプにて1994年から1999年に掛けて連載された少年漫画ですが、
少年ジャンプのキャッチコピーである"友情"、"努力"、"勝利"
ただ『主人公強え!』というだけでなく、作中で描かれる様々な登場人物のヒューマンドラマに見入ってしまいました。
僕が小学生の時に一番好きだった漫画です!

そんな漫画が3部作として実写映画化され、その第一部となったのがこの『るろうに剣心』です。
邦画で迫力のあるアクション映画をあまり見たことがなかったのですが、この映画『るろうに剣心』のアクションはとにかく凄くて、純粋に感動してしまいました。
これまで漫画原作を実写映画化した邦画作品で心から『面白い!』と思った映画は少なかったです。
そんな風に思う主な原因は単純に『原作No.1』と思ってしまう考え方であったり、『映画オリジナルのストーリーが多すぎる』といったことがあったり、後は『人物のイメージが合わない』といったようなものです。
当然のように登場人物やストーリーの構成などは原作と少し違った部分もあり、そういった面ではついつい漫画と比べてしまったりするのですが、そういうのを引っ括めてもこの映画は『あり』だなと思いました。
佐藤健』の演じる『緋村剣心』が結構リアルな感じでマッチしていると思います。
個人的には結構良かったと思える映画だったので残りの2作品も見てみようと思います!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
原作とは違った意味での迫力や見所が満載の映画作品です!
漫画『るろうに剣心』が好きだった人には是非見て欲しい映画ですね。
この映画『るろうに剣心』も本当におすすめ映画です!