恋愛寫眞

© 2003 松竹/TBS/衛星劇場/小学館/カルチュア・パブリッシャーズ

『死んだはずの彼女から、手紙が届いた。消印は、ニューヨーク。』

映画タイトル

恋愛寫眞

制作国

 映画のジャンル

邦画 : ラブロマンス

 映画の公開年

2003

 監督

堤幸彦

 恋愛寫眞の主要キャスト

  • 松田龍平
  • 広末涼子
  • 小池栄子

 恋愛寫眞のキャッチコピー

死んだはずの彼女から、手紙が届いた。消印は、ニューヨーク。

 恋愛寫眞の見所

カメラで繋がった純粋で切ない恋物語

 この映画を一言で表現すると

褪せることのない想い

 恋愛寫眞のストーリー(あらすじ)

カメラマンの仕事をしている誠人(松田龍平)の元に、
以前付き合っていた女性、静流(広末涼子)から手紙と一緒に絵葉書が届く。

静流は誠人の大学時代の恋人だ。
どこにでも居るような大学生の誠人は
人懐っこい性格の静流に惹かれ、気付けば付き合うようになった2人。

そして、静流も誠人の影響でカメラを始める。
次第に写真を撮ることの面白さを知った静流はどんどんその世界にはまり、
どんどんカメラマンとしての才能を伸ばしていく。
そして、そんな静流の才能に嫉妬していく誠人。

好きな事だからこそ恋人に負けたくない
恋人だからこそ譲れないこと想いもあり、
そんな感情が二人の関係を壊してしまい、
二人はふとしたきっかけで別れることになってしまう。

それでも忘れることの出来ない誠人の静流に対する『想い』
そして、届くことのない手紙が誠人の足をニューヨークに運ばせ、
そこで衝撃の事実を知ることになる。

 恋愛寫眞の個人的レビュー

この作品『恋愛寫眞』もおすすめ映画です。
主要キャストは広末涼子松田龍平小池栄子
ジャンルはロマンスだと思うのですが、少し独特な感じもします。
泣ける映画ではないのかもしれませんが、僕は号泣しました。

写真って良いですよね。
その一瞬を永遠の形に留める事が出来、人の記憶と違って褪せる事はあっても形を変えてしまう事はないですよね。
全体的に写真を撮ることの楽しさが伝わって来るような映画でした。
一眼レフが欲しくなります。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。

最後に余談ですが、
この映画のセリフで『マヨヌードルは美味しいでしょうか?』という有名なものがあります。
映画を観る度に挑戦しようか悩むのですが、未だに挑戦したことはありません。