L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)

© 2008「L」FILM PARTNERS

『もう誰も失いたくない―L、最期の23日間。』

映画タイトル

L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : サスペンス(ミステリー)

 映画の公開年

2008年

 監督

中田秀夫

 L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)の主要キャスト

  • 松山ケンイチ
  • 工藤夕貴
  • 福田麻由子
  • 平泉成
  • 正名僕蔵
  • 金井勇太
  • 佐藤めぐみ
  • 波岡一喜
  • 石橋蓮司
  • 南原清隆
  • 瀬戸朝香
  • 戸田恵梨香

 L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)のキャッチコピー

もう誰も失いたくない―L、最期の23日間。

 L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)の見所

とにかくLがかっこいい

 この映画を一言で表現すると

やり残したこと

 L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)のストーリー(あらすじ)

一部前作のネタバレとなってしまう部分があるので閲覧の際はご注意下さい

『デスノート(DEATH NOTE) – 前編』はこちら

『デスノート(DEATH NOTE) the Last name』はこちら

『キラ(藤原竜也)』との最後の戦いの中で最も信頼出来るパートナーであった『ワタリ(藤村俊二)』を失ってしまったL。
その戦いでの代償はあまりにも大きかった。
デスノートによりLの残りの寿命は”23日”となっていた。

その頃タイのとある村では新種ウイルスによるバイオテロが発生していた。
新種ウイルスの威力は凄まじいもので、インフルエンザとエボラの特性を掛け合わせたようなもので、タイのとある村は感染したものが皆死亡し壊滅状態となった。
そんな時、Lのもとに『BOY』という幼い少年がやって来た。
『BOY』は新種ウイルスが猛威を振るったタイの村での唯一の生き残りだった。
その村では唯一ウイルスに感染しない体質で同時に天才的な頭脳の持ち主だった。

タイで猛威を振るった新種ウイルスは日本の科学者である二階堂が開発したものだった。
その後そのウイルスは環境保護団体を名乗る”ブルーシップ”という謎の団体に使用され細菌兵器となってしまうのだった。
それを知った二階堂は娘に新種のウイルスを託し自ら命を絶った。
残された二階堂の娘の真希はそのウイルスを携えてワタリのもとを訪ねる…はずだった。

 L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)の個人的レビュー

今日は映画デスノート(DEATH NOTE)の番外編の『L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)』を紹介します!
この映画『L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)』もおすすめ映画です!
というか、このシリーズでは映画デスノートのスピンオフのこの『L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)』が一番好きです!
理由をあげるとするならば
『L(松山ケンイチ)』がカッコイイです!!
そして、『L』が活躍する良いお話です。

僕と同じように映画版のデスノートシリーズで
この『L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)』が一番好きだという人は少ないですが、
僕はこのスピンオフ映画をどれよりも一押しします!!

映画版のデスノートでは『夜神月』よりも『L』派です。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
映画デスノートシリーズでは見れなかったLの姿、Lのカッコ良さや新しい一面を見ることが出来る作品になっていて、
その姿に間違いなく感動します!
この『L change the WorLd(エル チェンジ ザ ワールド)』も本当におすすめ映画です!!