紅の豚(ジブリ映画)

© 二馬力・TNNG / 1992

『飛べない豚はただの豚だ』

映画タイトル

紅の豚(ジブリ映画)

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : アニメーション映画

 映画の公開年

1992年

 監督

宮崎駿

 紅の豚(ジブリ映画)の主要キャスト

  • 森山周一郎
  • 加藤登紀子
  • 桂三枝
  • 上條恒彦
  • 岡村明美
  • 大塚明夫
  • 関弘子
  • 仁内建之
  • 辻村真人

 紅の豚(ジブリ映画)のキャッチコピー

カッコイイとは、こういうことさ。

 紅の豚(ジブリ映画)の見所

マルコ・パゴットの男気

 この映画を一言で表現すると

男のプライド

 紅の豚(ジブリ映画)のストーリー(あらすじ)

時代は第一次世界大戦。
賞金稼ぎで生計を立てていたマルコは元イタリア空軍のエースパイロット。
ある事をきっかけに自分に魔法をかけて豚になってしまった。

そんなマルコには敵対していた『マンマユート団』という空賊がいた。

ある時、マンマユート団に襲われている女学生を助けた夜に昔馴染みのジーナという女性が営むバーに足を運んだ。
そして、そこである男と出会う。
その男の名前はカーチス。空賊達がマルコを倒す為に雇ったアメリカ人パイロットだ。
カーチスは女好きで陽気な性格だが、飛行機の腕は確かだった。
そして、空賊達はマルコを倒すべくそのアメリカ人パイロットを雇う計画を立てていた。

そして、これはマルコという一人の豚の物語…。

 紅の豚(ジブリ映画)の個人的レビュー

この映画『紅の豚』もおすすめ映画です!
もしかしたら観た事がないという人も居るんじゃないかなと思ったので紹介させて頂きます!
とにかく『マルコ』が豚なのにカッコイイんです!!

僕が子供の頃に観たジブリ映画は確か『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』だけでした。
この『紅の豚』をはじめ、その他のジブリ映画を観たのは大人になってからでした。

子供の頃にみんながトトロの話をしていても
トトロのシルエット、見た目は分かっていたのですが、トトロがどういう存在で『となりのトトロ』という映画がどういう映画なのかも知りませんでした。

この『紅の豚』は僕の中で一番好きなジブリ映画です!
例えこの映画が『ジブリ映画』ではなくても観ていたとは思うのですが、
時代背景も含めキャラクターやストーリーも本当に良いなと思います。

二足歩行する『豚』が飛行機のパイロットっていうのも何だか面白くないですか?
この映画の中でマルコがどうして『豚』なのかという事についてはあまり深く語られていませんが、
そういうところも含めてこの『紅の豚』はやっぱりいい映画だなと思います。
とにかくおすすめの映画です!!

ジブリらしい作風と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
描写に柔らかさがあり、その中に迫力もあり、ついつい釘付けになってしまいます。
マルコとカーチスが勝負をするシーンなど特に!

そして、マルコのセリフ一つ一つが渋く、とにかくカッコイイです!
豚という設定が更にその辺を際立てているような気がします。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
マルコの渋さ、男気に胸を打たれます!
この映画『紅の豚』も本当におすすめ映画です!!