風立ちぬ(ジブリ映画)

風立ちぬ(ジブリ映画)

ただいま準備中

映画風立ちぬ(ジブリ映画)のストーリー(あらすじ)

舞台は20世紀初頭の日本。
農村に生まれた堀越二郎という少年には夢があった。

それは空への憧れ。
夢の中で現れるカプローニ伯爵に励まされ、堀越二郎は航空機の設計者になる事を夢見ることとなる。

その夢を叶える為に大学進学を果たし飛行機の設計技術を学ぶ。
そんな中、堀越二郎は関東大震災を体験する事となる。
その時に堀越は『菜穂子』という少女と怪我をして身動きの取れなくなっていたその女中を助ける。
その後も二人の安否を気にしていた堀越だったが、それっきりその二人と会う事はなかった。

大学を卒業後、堀越は本格的に飛行機の設計を始める。
堀越は優れた飛行機を作る為に独自のアイデアを持っていた。

その後失敗を繰り返しながら、ドイツでドイツ軍の飛行機を見て研究を行ったり、とにかく飛行機漬けの生活を送っていた。
そんなある日、堀越は関東大震災で出会った菜穂子と再開するのだった…。

映画風立ちぬ(ジブリ映画)について

映画風立ちぬ(ジブリ映画)のジャンル

映画風立ちぬ(ジブリ映画)の監督

映画風立ちぬ(ジブリ映画)の主要キャスト

風立ちぬ(ジブリ映画)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Amzon Prime
  • Hulu
  • U-NEXT