ALWAYS 三丁目の夕日

© 2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

『豊かではなかったけれど明日への夢があった。』

映画タイトル

ALWAYS 三丁目の夕日

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2005年

 監督

山崎貴

 ALWAYS 三丁目の夕日の主要キャスト

  • 吉岡秀隆
  • 堤真一
  • 小雪
  • 堀北真希
  • 薬師丸ひろ子

 ALWAYS 三丁目の夕日のキャッチコピー

『携帯もテレビもパソコンもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。』

 ALWAYS 三丁目の夕日の見所

細かく再現された時代背景

 この映画を一言で表現すると

時代、街、人の温かさ

 ALWAYS 三丁目の夕日のストーリー(あらすじ)

舞台は昭和33年の東京の下町。
そこでは様々な人達が暮らしていた。

夕日町三丁目には『鈴木オート』という有限会社があった。
社長は鈴木則文。鈴木家の大黒柱で戦争から帰還後に鈴木オートを立ち上げた。
戦後は何かと苦労が絶えなかった。
則文の性格は荒っぽく、何よりも手が先に出てしまい、怒ると息子の竜之介を突き飛ばしてしまったり、ガラス戸を打ち破ったりと…。

そんな則文を止める役目が妻のトモエ(薬師丸ひろ子)で
優しさや愛情を持った接し方の出来る、しっかりとした女性だ。

そんな鈴木オートにその年の春、集団就職で星野六子がやって来た。
六子は『自転車の修理』が出来ると履歴書に書いたのだが、それを則文は『自動車の修理』が出来ると勘違い。
そのまま六子は鈴木オートに就職してしまう事となる。

様々な人達が暮らす東京の下町。
茶川竜之介(吉岡秀隆)もその一人だった。

茶川は鈴木オートの向かいで駄菓子屋を経営していた。
その為子供の扱いもお手の物。
しかし、茶川には芥川賞を受賞して小説家として生きるという夢があった。

ある日茶川は恋心を抱いていた居酒屋を経営する女性のヒロミにあるお願いをされ、酔った勢いでそれをOKしてしまう。
その結果茶川の元に身寄りのない少年、淳之介(須賀健太)がやって来て、面倒を見る事になった。

最初は淳之介を毛嫌いし、距離を置いていた茶川だったが、徐々に心を開き、淳之介の面倒を見ていく事に…。

 ALWAYS 三丁目の夕日の個人的レビュー

この作品、『ALWAYS 三丁目の夕日』もおすすめ映画です!
実はまだ一回しか観た事がないのですが、
今自分の中の『もう一度観たい映画』でベスト10に入っている映画です!!

ジャンルはヒューマンドラマだと思うのですが、
とにかく話が良かったです!
確かこの映画で思わず泣いちゃったような気がします。

映画の時代背景は昭和なのですが、その時代を絶妙に再現しているようで、
映像は綺麗なのに画面の向こう側に映るものは全て古い感じというか、懐かしい?感じというか、
その辺を本当に上手く再現出来てるんだなと思いました。

基本的に邦画よりも洋画を観る機会の方が多く、記憶に残っているのも洋画ばかりだったのですが、
この『ALWAYS 三丁目の夕日』はすごく記憶に残っていて、本当におすすめ映画です!!

最近綺麗な夕日を見ることってほとんどなくなったんですけど、
「夕日ってこんなに綺麗なんだな」って素直に感じさせてくれる
本当に温かい映画です。

人の温かみ、時代の温かみ、昭和の温かみ。
そんなものを一気に感じることの出来る、『優しい映画』だと僕は思っています。

その時代でしか写らない美しさってあると思うんですけど、
その美しさが伝わって来る本当にいい映画だと思います。
ヒューマンドラマってやっぱり良いですね。

個人的に吉岡秀隆は『Dr.コトー』のイメージが強かったのですが、
何だかこの作品の茶川竜之介という役にすごくマッチしていて、本当に良かったです!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
観終わった後にきっとほっこりとした優しい気持ちになれると思います。
この『ALWAYS 三丁目の夕日』も本当におすすめ映画です!!