秒速5センチメートル

© Makoto Shinkai / CoMix Wave

『ねえ、秒速5センチなんだって。桜の花の落ちるスピード。秒速5センチメートル。』

映画タイトル

秒速5センチメートル

制作国

日本

 映画のジャンル

邦画 : アニメ映画

 映画の公開年

2007年

 監督

新海誠

 秒速5センチメートルの主要キャスト

  • 水橋研二
  • 近藤好美
  • 尾上綾華
  • 花村怜美
  • 水野理紗

 秒速5センチメートルのキャッチコピー

どれほどの速さで生きれば、君にまた会えるのか。

 秒速5センチメートルの見所

惹かれ合っていた男女の時間と距離とすれ違い

 この映画を一言で表現すると

心の距離―魂の彷徨

 秒速5センチメートルのストーリー(あらすじ)

ねえ、秒速5センチなんだって。桜の花の落ちるスピード。秒速5センチメートル。

東京のとある小学校に通う遠野貴樹(水橋研二)篠原明里(近藤好美)
二人は親の仕事の都合で転勤が多く、二人が出会ったその小学校でも二人は転校生だった。
引っ込み思案な性格も体が小さく病気がちで、外で大勢で遊ぶというよりも図書館で本を読むのが好きだった二人。

そんな二人を同級生がはやし立てられることも…。
遠野貴樹、篠原明里
似た者同士の二人は次第に惹かれ合い、お互いに特別な感情を抱くことになる。
二人だけの時間、二人だけの特別な想い、二人だけの世界は自然と広がっていった。
甘く淡い、それでいて永遠に近い形の美しい特別なもの。

しかし、当然のように別れの時はやって来た。
篠原明里は親の仕事の都合で急遽『栃木』に引っ越すことが決まった。
離れ離れになる二人。

そこで遠野貴樹はある決断をするのだった…。

 秒速5センチメートルの個人的レビュー

この映画『秒速5センチメートル』も超おすすめ映画なので紹介します!
『秒速5センチメートル』は2007年に日本で公開されたアニメーション映画です。
この映画『秒速5センチメートル』は

  • 桜花抄(おうかしょう)

  • コスモナウト

  • 秒速5センチメートル

という3つの短編からなる映画作品です。

『桜花抄(おうかしょう)』とは【桜の花についての話】というものらしいです。
『コスモナウト』とは宇宙飛行士という意味で、主に旧ソ連の宇宙飛行士をそういう風に呼んでいたのだとか。
『秒速5センチメートル』は桜の花の落ちるスピードが秒速5センチメートルらしいです(この映画の中でそう言っていました)。

どのタイトルもその話にマッチしている本当に素敵なタイトルだと思います。
物理的な距離、心の距離、そしてすれ違い。
この映画『秒速5センチメートル』はそんな色んなものが混じった本当に絶妙なタイトルだと思います。

誰もが経験があると思う『初恋』。
その『初恋』という名の淡くも美しく、それでいてはっきりと形としてあるものを題材に
それを距離や時間、速さという物理的な形でややぼかしながら表現された本当に美しい映画だと思います。

ここ数年で見たアニメーション映画の中では本当に大好きな映画でおすすめ映画です!
アニメーションだから出来る表現というのもあると思いますし、
何よりもこの『秒速5センチメートル』という映画作品に吸い込まれてしまいそうになる不思議な世界観が
この映画『秒速5センチメートル』のおすすめのポイントです!

ガラスの板を水の中に入れたような
不思議な透明感を感じる『水橋研二』さんの声、演技力。
その声によって遠野貴樹という人間の年齢が分からなくなってしまう。
この作品『秒速5センチメートル』の声優さんの演技もこの映画の魅力の一つだと思います。

そして何よりも主題歌である山崎まさよしの『One more time,One more chance』が何よりも素晴らしいです。
この映画『秒速5センチメートル』に非常にマッチした歌で、何か喪失感やその寂しさを強く感じさせられます。
上手く表現出来ませんが、僕はこの主題歌が流れるタイミングで号泣してしまいました。
決して悲しくて涙を流した訳ではないのですが、上手く言葉に出来ないものが自分の中から込み上げて来て、不思議な気持ちにさせられました。

そんなことを思い出し、山崎まさよしが主演を務める映画『月とキャベツ』をGEOでレンタルして来ました。
今度の週末にでも見てまたレビューを書きたいと思います。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
誰もが経験するであろう『初恋』。
見終わった後大好きだった人のこと、大好きだった人との思い出、大切にしていた気持ちを思い出すかもしれません。
この映画『秒速5センチメートル』も本当におすすめ映画です!!