BROTHER(ブラザー)

BROTHER(ブラザー)
© 2000 LITTLE BROTHER,INC

北野組世界照準

おすすめ度
4
感動する度
3
心に残る度
3.5

映画BROTHER(ブラザー)のストーリー(あらすじ)

山本(ビートたけし)は日本の武闘派ヤクザだ。血の気が多い事で有名だが、そのせいもあって組み内部でも疎まれる存在になっていた。
ある日対立組との抗争の果てに山本は全てを失ってしまう。
日本での居場所をなくした山本は、留学したまま消息を絶ってしまった弟のケン(真木蔵人)の元へ行くためにアメリカのロスへ向かう。

山本はロスに到着した山本は弟の家へ向かう道中で黒人ギャングのデニー(オマー・エップス)に絡まれる。
武闘派ヤクザの山本はその場でデニーの目を割れた瓶で突き、殴ってダウンさせてしまう。
そんなトラブルもありながらようやく弟のケンの居場所を探し当てた。

その後ケンの元にたどり着いたのだが、留学したケンはすっかりドラッグの売人になってしまっていた。
その中には先日山本が殴ったデニーも居た。
デニーはケンの友人のようだ。

ある日、山本はケンがドラッグの商売でのトラブルに巻き込まれる現場を目撃する。
ケンが元締めのような男に殴られた瞬間、山本がその相手をすぐにKOさせてしまう。

ケンは留学のためにアメリカに来ていたのだが、そのまま売人になってしまっていたのだった。
そんなケンを山本は殴り付ける。

その後ドラッグを巡るトラブルを武闘派ヤクザの山本は暴力で解決してしまう。
その後山本は他の者からも一目置かれるようになり、そのままアメリカで自分の組を作るようになる。

どんどん大きくなっていく山本の組織。
段々と事態は悪化し、とんでもないことになっていく。

映画BROTHER(ブラザー)を見た感想・レビュー

この作品も超おすすめ映画です!
数ある北野武監督の映画作品の中で、今回はこの『BROTHER』という映画を紹介させて頂きました。
北野武監督の映画は他にも幾つか観たのですが、そちらも改めて紹介させていただければと思います。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
男らしさ溢れる映画になっています!

映画BROTHER(ブラザー)の見どころ

シリアスなストーリーの中で時折顔を出すシュールな演出

映画BROTHER(ブラザー)について

映画タイトル

BROTHER(ブラザー)

映画BROTHER(ブラザー)の製作国

  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス

映画BROTHER(ブラザー)のジャンル

映画BROTHER(ブラザー)のキャッチコピー

    北野組世界照準

映画BROTHER(ブラザー)を一言で例えるなら

    アウトロー達の熱い友情

映画BROTHER(ブラザー)の公開年

2001年

映画BROTHER(ブラザー)の監督

北野武

映画BROTHER(ブラザー)の主要キャスト

  • ビートたけし(山本)
  • オマー・エップス(デニー)
  • 真木蔵人(ケン)
  • 加藤雅也(白瀬)
  • 寺島進(加藤)
  • 大杉漣(原田)
  • 石橋凌(石原)
  • 大竹まこと(警察官僚)
  • かたせ梨乃(クラブのママ)
  • 渡哲也(仁政会組長)
  • ジェームズ・シゲタ(杉本)

BROTHER(ブラザー)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Amzon Prime
  • Hulu
  • U-NEXT

現在表示出来る記事がありません