あん(Sweet Bean)

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

たくさんの涙を越えて、生きていく意味を問いかけるー

おすすめ度
5
感動する度
4.5
心に残る度
4.5

映画あん(Sweet Bean)の予告動画

映画あん(Sweet Bean)のストーリー(あらすじ)

私たちも陽のあたる社会で生きたい

私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。
だとすれば何かになれなくても私達は…
私達には生きる意味があるのよ。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

舞台は現代の日本。
千太郎(永瀬正敏)はどら焼きやの『どら春』の雇われ店長として働いていた。
従業員は千太郎だけで、一人で切り盛りしていた。
どら春のどら焼きはそこまで評判は良くなく、人気店といわれるようなお店ではなかった。
それでも頻繁に食べに来る常連の学生達が居た。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

桜舞い散る春のある日、どら春に変わった老婆がやって来た。
どら春から漂う甘い香りに誘われてやって来たのだった。
そしてその老婆は店に入るなり唐突に千太郎に尋ねた。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

老婆『これ、アルバイトって本当に年齢不問なの?』

千太郎『はぁ。』

老婆『私…あのね、私ダメかしら?』

千太郎『はっ?』

老婆『こういう仕事、一度してみたかったの。フフっ。』

千太郎はその老婆の出で立ちを見て、まずあることを質問した。

千太郎『おいくつですか?』

老婆『満で76。』

見るからに老いたその老婆にはとてもどら焼き屋で働けるほどの体力があるように見えなかった。
だからこそ千太郎は老婆にアルバイトを諦めさせようと時給の話をした。

千太郎『うち、安いんですよ。今どき600円なんですよ。』

すると老婆は食い下がるように言った。

老婆『あっらあ…あのね、時給300円でいいのよ。300円で。』

千太郎『300円?でもちょっと無理だと思うんで…。』

老婆『私、吉井徳江と言います。』

千太郎『腰悪くしちゃいますよ?案外ね、力仕事なんですよ。』

そういって千太郎は徳江に千太郎の作ったどら焼きを一つ手渡した。
徳江は代金を支払おうとしたが千太郎は断った。

すると徳江は『また来るね。』と言って笑顔で帰って行った。

一部始終を見ていた常連客の中学生、ワカナは千太郎に言った。

ワカナ『あの…アルバイト、私はダメですか?』

千太郎『ああ、高校生になったらね。』

ワカナ『高校行かないかもしれないので考えておいてください。』

ワカナは母子家庭だった。
あまり裕福ではないワカナは頻繁にどら春に顔を出して千太郎からどら焼きの失敗作をもらい、それを自宅で食べていた。

しばらくしてどら春に徳江が戻って来た。
徳江は指が不自由だから時給200円で良いと千太郎に頼み込んだ。
それでも千太郎はこの仕事は無理だとはっきりと断った。
そして徳江は言った。

徳江『私さっき、ここのどら焼き食べてみたのね。皮はまあまあだったと思うのよ。ただ、ちょっとあんがね、ちょっとね。』

千太郎『あんは難しいんでしょ。あん作ったことあるんですか?』

徳江『ずーっと作ってきたのよ。もう50年も。』

千太郎『50年?』

徳江『そう、半世紀よ…。お兄さん、あんは気持ちよ。お兄さん。』

千太郎『でもやっぱちょっと雇えないんで、すいません。』

すると徳江は突然カバンからビニール袋を取り出し、千太郎に渡した。

徳江『これ、ちょっと食べて見て。』

千太郎『なんですか?』

徳江『ふふふ(^^)』

千太郎『いや、これ何ですか?』

そのまま徳江は帰って行った。
そして、千太郎がそのビニール袋を開けると中からはタッパーに入った粒あんが出てきた。
気味悪がった千太郎はそのままタッパーごとゴミ箱に捨てた。

しかし、どうしてもその粒あんが気になった千太郎はゴミ箱から粒あんの入ったタッパーを拾い出し、タッパーの蓋を開けた。
そのまま匂いを嗅いで味見をした。
不思議な感覚に襲われた千太郎は続けてもう一度味見をした。
そして、千太郎は徳江にどら春で働いてもらうことにした。

次にどら春に徳江が顔を出したのは桜の花が散り終わり、葉桜となってしまった頃だった。
千太郎は店先で徳江の姿を見つけ笑顔で挨拶をした。

千太郎『この間の粒あん、美味しかったです。』

徳江『ああ!食べてくれたの!?』

千太郎『はあ。』

徳江『わあ!』

千太郎『あの、もし宜しければここ手伝ってもらえませんか?』

そういって千太郎は徳江をアルバイトとして招き入れた。
徳江は『あん作り』担当だった。
高齢の徳江にとって力仕事は大変ため、『鍋の上げ下げ』などの力仕事は全て千太郎が行うこととなった。
千太郎にとって徳江の作る粒あんはそれほど魅力的なものだった。

どら春で提供するどら焼きの案は業務用のものだった。
千太郎は何度も試行錯誤を重ね『あん作り』を行っていたが、たどり着いた答えが業務用のあんを使うことだった。
徳江はその判断に衝撃を受けていた。

『どら焼きはあんが命でしょ。』

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

翌日よりどら春での『あん作り』が始まった。
通常は11時の開店に合わせて9時より仕込みを始めていたが、徳江の提案であん作りの時間も考えて、早朝の太陽が登る前から仕込みを始めることとなった。

次の日、早朝の目覚ましのアラームに叩き起こされた千太郎は月明かりが照らすまだ真っ暗な道を歩いてどら春に向かった。
するともう徳江が来ていた。

徳江は変わっているが優しい女性だった。
それは人に対してだけではなく、周りにある全てにその優しさを振りまいていた。
水の声を聞き、小豆の気持ちを尋ねる徳江の作る『粒あん』は他には決してない特別なものだった。

そのあんを千太郎の焼くまあまあの皮ではさみ完成した。
それは甘いものが好きではない店主の千太郎でも食べることが出来るどら焼きだった。

早朝から始まったあん作りだったが、気付けば開店の時間になっていた。
徳江の粒あんで生まれ変わった『どら春』のどら焼きはすぐに『美味しい』と評判になり、いつの日か開店前に行列が出来るようになっていった。
気付けば徳江は接客も行うようになっていった。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

常連の女子中学生達はすぐに徳江と仲良しになり、これまでになかった優しい何かがどら春を包み込んでいった。
しかし、それも長くは続かなかった。

アルバイトとして働く徳江にある噂が立ったのだった。
それは誰も得をすることのない、ただただ悲しいだけのものだった。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。
だとすれば何かになれなくても私達は…
私達には生きる意味があるのよ。

この世にあるものは全て言葉を持っていると私は信じています。
日差しや風に対してでさえ、耳をすますことができるのではないかと思うのです。

そのせいでしょうか。
昨夜は柊の垣根を越えてやってくる風が、店長さんに声を掛けた方がいいって言ってるように感じられたのです。

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

『どら焼きいかがですか?』

あん(Sweet Bean)
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

映画あん(Sweet Bean)を見た感想・レビュー

この映画『あん』も超おすすめ映画なので紹介します!
というか、最近こういう映画が見たかったんだよね(><)
テーマは結構重い感じだけど、描き方であったり表現であったり、何気ない日常を切り取ったところがすごく素敵でした٩(๑`^´๑)۶
マジで吸い寄せられました٩(๑`^´๑)۶

この映画『あん』は樹木希林さんの最後の主演映画になりました(><)
みんな口を揃えて『樹木希林さんは役者としてヤバイ。演技力が半端ない。』なんて言いますが、それはこの映画『あん』でも感じることが出来ました٩(๑`^´๑)۶

もうね、自分の役に魂を込めてるというか、命を少しずつ削りながら魅せる美しさのようなものがもうたまらんのです(´・ω・`)
樹木希林さんが演じればそれが何でも現実であり当たり前に変わってしまいます(><)
個人的にはそれほど素晴らしい女優さんだと思っています٩(๑`^´๑)۶
だから2018年の訃報はとても残念でした(´・ω・`)

そして、この映画に樹木希林さんの演じる徳江の親友役の佳子を演じていた市原悦子さんがつい先日亡くなりました。
丁度この映画を見終わった時にその訃報を聞いて、何ともやるせない気持ちになってしまいました。

市原悦子さんと言えば『家政婦は見た!』が代表作というか、有名な出演作ですが
個人的には日本昔ばなしのイメージが強いです。
僕は市原悦子さんの日本昔ばなしを見て育ちました(´・ω・`)
上手く言葉に出来ませんが、市原悦子さんの声を聴くと懐かしい気持ちになり、心が落ち着きました。

そんな二人が演じた役柄はハンセン病という病を患った患者さんの役でした。
正直”ハンセン病(らい病)”という言葉を聞いたことはあったのですが、具体的にどういう病気なのかはこの映画を見て初めて知りました。

  • この病気が差別の対象となっていたこと。
  • 1996年まで感染者は隔離されていたこと。
  • そして今も尚患者への偏見が残っていること。

本当に知らないことだらけで色々と考えさせられる映画でした(><)
それを『どら焼き』という一つのものを通して優しく、時に感情的に描かれるヒューマンドラマに思わず涙してしまいました(´・ω・`)

映画の始まりが好きで、思わずそのまま全部見ちゃいましたが本当にいい映画でした!
明日が優しい世界でありますように。
そう願わずには言われなくなる優しい映画でした。

まだ見たことがないという人はNetflixやU-NEXTでも視聴出来るので是非見てみてください!

映画あん(Sweet Bean)の見どころ

決して多くは語られない徳江の人生を触れさせる樹木希林の唯一無二の演技

映画あん(Sweet Bean)の監督や出演俳優について

映画タイトル

あん(Sweet Bean)

映画あん(Sweet Bean)の主題歌

水彩の月 - 秦基博

映画あん(Sweet Bean)の製作国

  • 日本
  • フランス
  • ドイツ

映画あん(Sweet Bean)のジャンル

映画あん(Sweet Bean)のキャッチコピー

やり残したことは、ありませんか?

映画あん(Sweet Bean)を一言で例えるなら

美味しい時は笑うのよ

映画あん(Sweet Bean)の公開年

2015年

映画あん(Sweet Bean)の監督

河瀬直美

映画あん(Sweet Bean)の主要キャスト

  • 樹木希林(吉井徳江)
  • 永瀬正敏(千太郎)
  • 内田伽羅(ワカナ)
  • 水野美紀(ワカナの母)
  • 市原悦子(佳子)
  • 浅田美代子(どら春オーナー)
  • 太賀(陽平)
  • 兼松若人(若人)

あん(Sweet Bean)を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください