凶悪

凶悪
©2013「凶悪」製作委員会

日本を震撼させたベストセラー・ノンフィクション、禁断の映画化

おすすめ度
4.5
感動する度
3
心に残る度
4.5

映画凶悪の予告動画

映画凶悪のストーリー(あらすじ)

獄中からの告白 先生と呼ばれた男 死の錬金術師 衝撃の真実
これは実話をもとにした物語である…。

映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会

舞台は20世紀が終わろうとしていた頃の日本。
藤井修一(山田孝之)はスクープ雑誌「明潮24」の記者である事件を追っていた。
それは後に上申書殺人事件(茨城上申書殺人事件)として世間で騒ぎになった事件だった。

藤井は風俗嬢ストーカー殺人事件を追っていた。
事件から三ヶ月が経ち世間からも忘れ去られそうになっていた事件だったが、その後も被害者の家族を訪ねたりと、何かを感じた藤井はその事件を掘り起こそうとしていた。
当然、編集長の芝川(村岡希美)からは止められた。

藤井『例の風俗嬢ストーカー殺人事件、やっぱりもう一度被害者の目線で記事にしたいんだ。』
芝川『無理無理。あの事件はもう三ヶ月も前に終わってるのよ?あの事件はもうネタにならないの。』
事件から三ヶ月も経過した記事を今更書いたところで数字を取ることは出来ない。

腑に落ちない藤井だったが、その後渋川からとある死刑囚(この時点では未決)の面会へ向かうように指示があった。
その男の名前は須藤純次(ピエール瀧)
元暴力団の組長である殺人事件の容疑者だった。
芝川から渡された手紙には驚くべきことが記されていた。

  • 強盗殺人
  • 覚せい剤
  • 監禁
  • 放火

その後、須藤が服役する刑務所に向かった藤井。
面会室で待っていると藤井の向かいのドアが開いた。
そこには刑務官と服役中の須藤の姿があった。
そして、藤井に目をやり表情が強張ってしまった。

須藤は窓越しに藤井の前に立ち、深々と頭を下げた。
その男は背が高く、ガタイの良い鋭い眼光の男だった。

須藤『須藤です。今回は自分の為に来てくださって、ありがとうございます。』

そう言うと再び藤井に向かって深々と頭を下げた。

藤井『はじめまして、明朝社の藤井です。』

そういって、藤井も須藤に頭を下げた。

須藤は今聞いた『藤井』という名前を聞いて、少し頬を緩ませた。
そして、藤井が衝撃を受けた手紙を書いたのは須藤だった。

須藤は死刑判決を受けて、最高裁の上告中だった。
しかし、須藤は自身が死刑になることを受け入れていた。
そんな須藤が最高裁に上告し、手紙を書いたのにはある理由があった。

須藤『どうしても許せねえヤツがシャバにいるんです。』

続けて須藤は衝撃的な告白をした。

須藤『自分には誰にも話してない余罪が3件あります。』

それは須藤が書いた手紙に記されていることだった。

  • 一人目のじいさんは焼却炉で燃やした
  • 二人目のじいさんは土地を転売して生き埋めにした
  • 三人目のじいさんは保険金掛けて酒を飲ませて殺した

そして、その全ての事件の首謀者としてある男の名を挙げた。
その男は須藤が『先生』と呼んでいた、木村孝雄(リリー・フランキー)という不動産ブローカーだった。

須藤が手紙を書いた理由は誰にも話していない三件の事件を「明潮24」の記事にしてもらい、先生を追い詰めることだった。
自分が捕まり、先生がシャバでのうのうと生活していることが須藤にはどうしても許せなかったのだ。

映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会

藤井は妻と認知症の母と三人で生活していた。
仕事柄藤井は家を空けることが多く、認知症の母は藤井の妻である洋子(池脇千鶴)が介護していた。
そして日に日に悪くなる姑の介護で洋子は憔悴していた。

洋子『ホームに入れることを考えようよ。このままじゃ私がもたない。このままじゃ子どももつくれないよ…。』

そんな洋子に藤井は毎回同じ相づちを打ち、洋子は呆れ果てていた。
家に帰っても仕事ばかりの藤井は妻との間に溝を作ってしまっていたのだった。

藤井は須藤から聞いたことを資料にまとめ、編集長の芝川に提出した。
それを見た芝川は『まるで犯罪小説みたい』と口にした。
そして、芝川は藤井に『須藤からの依頼、適当な理由を付けて断って来て』といった。
理由は不動産ブローカーとヤクザが手を組んで人を殺すのは普通過ぎるといった見解からだった。

そのことを服役中の須藤に伝えに行った。
そしてそのことを聞いた須藤はそれでも引き下がらなかった。

そんな中、藤井には疑問に思ったことがあった。

  • 何故先生とまで呼んでいた男をそこまで憎むようになったのか
  • 何故真相を知っている須藤を先生は消さなかったのか

藤井は編集長の命令を無視し、事件の真相を探るための調査を一人で進めていた。
藤井は須藤の話を聞いて何かが引っかかっていた。

須藤のいう誰にも話してない3件余罪に関する供述は曖昧なものだった。
そしてその曖昧な記憶を辿りながら行う調査は気が遠くなるものだった。

映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会

そして藤井は地道な調査の末に少しずつ先生の手がかりを掴むこととなる。

被害者・加害者・自身の家族
様々な人の想いが交差する中、藤井は真実にたどり着くことが出来るのか?

映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会

知るべき闇は真実の先にある

映画凶悪を見た感想・レビュー

この映画『凶悪』もおすすめ映画なので紹介させていただきます!
マジで久しぶりに痺れるサスペンス映画を見ました(´・ω・`)
もうね、ずっとテレビの画面に釘付けだったよね(´・ω・`)

俳優さんひとりひとりの演技がもう半端じゃないっす٩(๑`^´๑)۶
最初から最後までシリアスな雰囲気の中物語が進んでいくんですけど、見ててドキドキするし、何か胸が苦しくなりました(´・ω・`)

特に須藤純次を演じたピエール瀧さんの演技が神がかってました٩(๑`^´๑)۶
正直電気グルーヴのイメージが強すぎて、僕自身ピエール瀧さんの出演している映画などはほとんど見たことがなかったんですけど、この映画『凶悪』を見て、『こんなに悪役が似合う人は滅多にいない( ゚д゚)』と思いました!!

 

映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会
映画 『凶悪』
©2013「凶悪」製作委員会

背も高いし、ガタイもガッチリしてるし、強面な感じだし…。
マジで怖かったです(´;ω;`)
こんな人に殴られたら怖くて一年くらい前を向いて歩けなくなります(´;ω;`)

だけど、そんな意外なところがマジで良かったです٩(๑`^´๑)۶
超リアルで、ピエール瀧さんの演技のお陰でこの映画『凶悪』の世界観にのめり込むことが出来ました٩(๑`^´๑)۶

山田孝之さんの演技も安定の良さだったんですけど、『先生』役を演じたリリー・フランキーさんの演技も良かったです!
独特な雰囲気で掴み所がないというかなんというか…。
凶悪を見れば分かります!笑
多分僕が言いたいことがちょっとは伝わるはずです٩(๑`^´๑)۶

この映画『凶悪』は世紀末に日本で実際に起きた事件である『上申書殺人事件』がモデルになってます。

普段怖いもの見たさで未解決事件とか調べたりして一人で怖くなってガクブルしちゃったりするんですけど、正直この映画『凶悪』も同じで、何か人間の狂気のようなものを感じました(´・ω・`)
その辺のホラー映画を見るよりもよっぽど怖かったです(´・ω・`)
人間が…。

そして、結末がマジで衝撃的でした(´・ω・`)
凶悪のストーリー・あらすじに関してはあまり深くは書きませんでしたが、この記事を見たら是非Netflixとかで見てみて欲しいです!
レビューを書くためにもう一度見たんですけど、マジで『人間怖え(´・ω・`)』ってなりました…。
トラウマっていうとちょっと違うかもしれないですけど、同じような意味でずっと印象に残るような作品だったと思います(><)

ちょっとヴァイオレンスな映画を探してた人とか、人間の狂気を見てガクブルしたいって人には本当におすすめの映画です!
今平和に生きる身として、何か色んなことを考えさせられるような気がします…。

サスペンス好きだけどまだ見たことがないって人は是非この映画『凶悪』を見てみてください!
そういう人には本当におすすめの映画です!!

映画凶悪の見どころ

ピエール瀧の演技 事件のリアルな描写

映画凶悪の監督や出演俳優について

映画タイトル

凶悪

映画凶悪の製作国

  • 日本

映画凶悪のジャンル

映画凶悪のキャッチコピー

それは、ある死刑囚の告白からはじまった。

映画凶悪を一言で例えるなら

人間の怖さ

映画凶悪の公開年

2013年

映画凶悪の監督

白石和彌

映画凶悪の主要キャスト

  • 山田孝之(藤井修一)
  • ピエール瀧(須藤純次)
  • リリー・フランキー(木村孝雄)
  • 池脇千鶴(藤井洋子)
  • 白川和子(牛場百合枝)
  • 吉村実子(藤井和子)
  • 小林且弥(五十嵐邦之)
  • 斉藤悠(日野佳政)
  • 範田紗々(田中順子)
  • 米村亮太朗(佐々木賢一)
  • 松岡依都美(遠野静江)
  • ジジ・ぶぅ(牛場悟)
  • 村岡希美(芝川理恵)
  • 外波山文明(森田幸司)
  • 廣末哲万(牛場利明)
  • 九十九一(福森孝)
  • 原扶貴子(牛場恵美子)

凶悪を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント