僕だけがいない街

僕だけがいない街
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

あの日をもう一度生きるころが出来たなら、今度は手を離さない。

おすすめ度
4
感動する度
3
心に残る度
3.5

映画僕だけがいない街の予告動画

映画僕だけがいない街のストーリー(あらすじ)

僕だけがいない街
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

舞台は2006年の東京。
売れない漫画家として活動する一方、アルバイトで生計を立てていた藤沼悟(藤原竜也)。

悟は何度も時間が巻き戻る、自身がリバイバルと呼ぶ特殊な能力を持っていた。
それは直後に発生する事件や事故などの悪い出来事の原因が取り除かれるまで、それが発生する直前の場面に何度でもタイムリープするというものだった。

その日はピザ屋のバイトで配達に出ているときだった。
突然“それ”はやって来た。

またか…
配達用のバイクで走行中だった悟は周りを見渡してリバイバルの原因、”違和感”を探る。
そして、対向車線のトラックの運転手の様子がおかしいことに気付いた。

リバイバル後、悟はトラックが事故を起こす横断歩道で信号待ちをしていた小学生に
『悪いんだけど、今日は別のところから渡ってくれるかな?』
と声を掛け、まずは小学生の危機を回避した。

次に事故を起こすトラックにバイクで横付けし、トラックの運転席側の窓を力強く何度も叩いて呼びかけた。
しかし、何度呼びかけても返事はなかった。

そして、トラックに気を取られていた悟は真正面から走行して来た乗用車に跳ねられてしまう。
そのまま何メートルも飛ばされて気を失ってしまう。

次に目を覚ましたのは病院のベッドの上だった。
そして、ベッドの横でアルバイト先のピザ屋で働く片桐愛梨が心配そうに顔を覗かせていた。

愛莉『あっ、目開いた!すごいね、あれだけ飛んで外傷はほとんどなしだって…。脳に異常がなければ退院しても大丈夫だって!』

愛莉の話では悟が必死に呼びかけていたトラックの運転手は運転中に心臓発作になり、既に亡くなっていたとのことだった。

そして、愛莉は悟が対向車線のトラックの運転手の異変にどうして気付いたのか不思議がっていた。

愛莉『ねえ、なんで?あのままじゃ子どもが危ないって、藤沼さんなんでわかったの?』

特に仲がいい訳ではないその女子に自身の能力のリバイバルについて説明することもなく、悟は目をそらした。

そして、続けて愛莉が質問した。

愛莉『もしかして、超能力者?』

その質問にも悟は答えることはなかった。

悟の事故を聞きつけて、愛莉の他に悟の母がお見舞いに来ていた。
悟の母、佐知子は悟の様子を見てそのまま悟のアパートに向かっていた。

悟が自身のアパートに戻ると鍵が空いていた。
そして、部屋の中には母の姿があった。

悟『鍵くらい掛けろよ。北海道の田舎じゃないんだから…。』

悟のことを心配した佐知子はしばらく悟のアパートに住むことになった。
目的は観光だった。

後日、悟は佐知子と買い物に出かけた。
その帰り道に持ちきれないほどの荷物を持って歩いていると遠くから愛莉が自分を呼ぶ声が聞こえた。
そして、それと同時に再びリバイバルが悟を襲った。

『違和感はどこにある?一体何が起きるんだ?』

周りを見渡しても違和感の存在を発見することが出来なかった悟は、佐知子にも協力を要請した。
『母さん、何か変な感じしない?周りを見てくれ。』

悟の突拍子もない発言に困惑する佐知子だったが、佐知子はその違和感を見つけてします。
そして、佐知子が見たそれが原因で後に大事件へと発展してしまうのだった。

佐知子は買い物の帰りに一緒になった愛莉を夕食に招待した。
両手がふさがってしまうほどの大量の食材で、その日はカレーを作った。

食事を済ませ、悟は愛莉を送っていった。
その後帰宅し、佐知子に昼間の違和感について訪ねた。

悟『昼間、駐車場で何かに気付いた?』

佐知子『今日、誘拐事件が未遂に終わったよ。』

悟『どういうこと?』

佐知子『冗談に決まってるべさ。』

続けて佐知子は昔の話を始めた。

佐知子『ねえ、覚えてるかい?あんたが小学生の頃、近所で起こった事件。覚えてないか?私ら子ども達から事件の記憶を少しでも取り除こうと必死だったからね。』
佐知子『でも悟。あんたも危ないところだったんだよ。』

僕だけがいない街
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

次の日、佐知子は古い知り合いに電話をした。
佐知子『もしもし?久しぶり。18年前の事件は、あなたが言ったようにまだ終わってなかったかもしれん。息子が言ったように真犯人は別に居たかも。』

悟はコンビニで『昭和事件史』という本を購入した。
そして、その本を読んで18年前に自分の周りで起きたある事件のことを思い出した。
それは同級生が殺害された誘拐事件だった。

その後出先から悟のアパートに戻った佐知子。
そこに突然侵入者がやって来て、佐知子を襲った。

続けてアパートに帰宅した悟。
その日もアパートの鍵は開いていた。

部屋に入って悟が見たものは、包丁が刺さって動かなくなってしまった母の姿だった。
悟は突然のことに混乱しながらも救急車を呼んだ。

どんどん冷たくなっていく母の手を握りながら悟は叫んだ。

『リバイバル…起きてくれよ。起きろー!!』

どんなに願ってもリバイバルは起きなかった。

しばらくすると外から物音がした。
窓の外に目をやると不審な人物が走り去って行った。

それを見た悟はそのままその犯人を追いかけた。
しかし、それは同時に現場から飛び出したことにより悟自身が犯人と疑われることとなる行動でもあった。

その後は犯人を探すどころか自身が警察から逃げる羽目になってしまった。
そして、ついに警察員確保されるというその瞬間にリバイバルが起きた。

戻ったのは昭和63年、1988年のある冬の日の北海道だった。
悟はまだ小学生で、周りには同級生の友達が居た。

そしてすぐに悟はリバイバルの原因を知ることになった。
その年は同級生が何者かに殺害された年だったのだ…。

僕だけがいない街
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

映画僕だけがいない街を見た感想・レビュー

実写映画版の『僕だけがいない街』を見ました!
なしではないんだけど、個人的には二部か三部作にしてほしかったな(´・ω・`)

映画僕だけがいない街の見どころ

原作とは違うストーリー展開

映画僕だけがいない街の監督や出演俳優について

映画タイトル

僕だけがいない街

映画僕だけがいない街の製作国

  • 日本

映画僕だけがいない街のジャンル

映画僕だけがいない街のキャッチコピー

愛する人を守るため、僕は18年前に巻き戻(リバイバル)された。

映画僕だけがいない街を一言で例えるなら

母ちゃん、若すぎる!!

映画僕だけがいない街の公開年

2016年

映画僕だけがいない街の監督

平川雄一朗

映画僕だけがいない街の主要キャスト

    藤原竜也(藤沼悟) 有村架純(片桐愛梨) 鈴木梨央(雛月加代)
  • 林遣都(白鳥潤)
  • 安藤玉恵(雛月明美)
  • 淵上泰史(須藤)
  • 高橋努(高橋店長)
  • 及川光博(八代学)
  • 福士誠治(小林賢也)
  • 杉本哲太(澤田真)
  • 石田ゆり子(藤沼佐知子)

僕だけがいない街を閲覧できる動画サービス

この映画へのコメント