ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)

© 2010. Cottonwood Pictures, LLC. All rights reserved.

『遠い少年時代への回想ー力こそ全てだと信じる、厳格な父親と、純粋すぎる程の愛に満ちた母親。そんな両親の狭間で葛藤していた…。』

映画タイトル

ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2011年

 監督

テレンス・マリック

 ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)の主要キャスト

  • ブラッド・ピット
  • ジェシカ・チャステイン
  • ハンター・マクラケン
  • ララミー・エップラー
  • タイ・シェリダン
  • ショーン・ペン

 ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)のキャッチコピー

『父さん、あの頃の僕は、あなたが嫌いだった…。』

 ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)の見所

生命の描き方

 この映画を一言で表現すると

命の連鎖

 ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)のストーリー(あらすじ)

舞台は現代のアメリカ。
実業家として成功を収めたジャック・オブライエン(ショーン・ペン)。
そんなジャックだったが人生の岐路に立たされ、深い喪失感に襲われてしまう。
そんな時に思い出したのが少年時代の思い出、兄弟と両親の事だった。
ジャックは母親を蔑み、兄弟へ不器用な愛を向け、父親を憎んでいた。

それは1950年代の記憶だった。
ジャックが生まれ育ったのはテキサスの田舎。
ジャックには二人の弟と両親が居た。
力こそ全てだと信じ、妻や子供に厳しい父親。
自然な愛で子供たちを包み込む優しい母親。

そんな両親の間でジャックの心は歪んでいった・・・。

 ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)の個人的レビュー

この映画ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)もおすすめ映画です!
終始綺麗というか、幻想的で本当に美しい映画でした!!

どこか旧約聖書を連想させるような生命の連鎖
最初はこの流れがずっと続くのかなと思っていたのですが、
そんなこともなく、40分くらいで段々と過去の回想なども濃くなっていき、
その中でその家族のヒューマンドラマが繰り広げられていきました。

決して経験したことはありませんが、
どこか懐かしいものを見ているような気持ちにさせられました。
もしかしたらツリー・オブ・ライフで映し出される葛藤は
誰もが子供の頃に感じたことがあるものなのではないでしょうか?

少なくとも僕はそんな風に感じました。
上手く言葉に出来ませんが、そういった子供ながらの葛藤や
その時に大人が感じていた想いなどを色んな描写で上手く映し出し形にした
そんな美しい映画だと思います。

割と好き嫌いがはっきりと分かれてしまう映画かもしれませんんが、
個人的には結構『あり』な映画でした!

合間合間で流れるBGM、
時に激しく、時に優しい表現で感情や命を表現するクラシック音楽も
この作品にすごくマッチしていたと思います。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
何か子供時代の大切なものや感情、思い出に触れることが出来るような映画だと思います。
好き嫌いがはっきりと分かれてしまうかもしれませんが、僕個人としては本当におすすめ映画です!!