羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)

© Orion/Photofest/MediaVastJapan

人は、毎日見ているものを熱望することから始める。

映画タイトル

羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : サスペンス

 映画の公開年

1991

 監督

ジョナサン・デミ

 羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)の主要キャスト

  • アンソニー・ホプキンス
  • ジョディ・フォスター
  • スコット・グレン
  • テッド・レヴィン

 羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)のキャッチコピー

衝撃の超ベストセラー小説完全映画化

 羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)の見所

心理戦

 この映画を一言で表現すると

狂気

 羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)のストーリー(あらすじ)

アメリカ各地で若い女性が殺され、体の皮を剥ぎ、その死体を川に流すという猟奇殺人が発生した。
その手口から犯人は『バッファロー・ビル』と呼ばれていた。

FBIアカデミーの訓練実習生クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)は
司でFBI捜査官行動科学課の『ジャック・クロフォード(スコット・グレン)』からある命を受け州立精神病院へと向かう。
目的は自身の患者9人を死に追いやり、州立精神病院で隔離されている元精神科医のハンニバル・レクターに会って助言を求める為だ。

クラリスはハンニバルに接触し、バッファロー・ビルの心理分析を依頼する。
FBIはハンニバルに助言を仰ぎ、猟奇殺人を解決させる為に手がかりを得ようとしていたのだった。

ハンニバルは当初FBIへの協力を拒否していた。
しかし、クラリスにクラリス自身の過去を語らせるという条件で、事件究明に協力する形となる。

自身の患者9名を死に追いやった精神科医のハンニバルは不気味で奇妙な男だった。
しかし、クラリスはハンニバルがクラリス自身に興味を持っているところを利用し、少しずつハンニバルから情報を引き出していく。

クラリスは語った。
自分の全てだったという父の死。
その後叔父の元に預けられたクラリスが見た、叔父が羊を殺す残虐な姿がトラウマとなってしまっていることなど。
その一方でハンニバルも少しずつではあるが、犯人の心理について語り始める。

そして、その後ある事件をきっかけとなり、より捜査に協力させる為ににハンニバルは牢から出される形となった。
その後レクターは逃亡。

バッファロー・ビル事件の行方は…。
ハンニバルのその後は…。

 羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)の個人的レビュー

この作品、『羊たちの沈黙』もおすすめ映画です!
初めてこの映画を観たのは確か中学生くらいだったと思います。
その時は確かこの話の半分も理解出来なかったと思います。

その後小説の『ハンニバル』を購入し、映画も観ました。
小説を読んだときの記憶はほとんどありませんが…。

当時はこういった心理、心情を追っていくシリアスサスペンス作品が好きでした。
今改めて観ても緊張感がやばいですね。
先日紹介した『アトランティスのこころ』とは全く違うジャンルですが、
キーマンとなるアンソニー・ホプキンスがいい雰囲気と味を出しています。

休み前の金曜日などにハラハラしたい人にはおすすめの映画です!
観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。