幸せのちから(The Pursuit of Happyness)

幸せのちから(The Pursuit of Happyness)

ただいま準備中

映画幸せのちから(The Pursuit of Happyness)のストーリー(あらすじ)

これは事業に失敗した男がどん底の状態から成功をつかむという、真実に基づいたお話―。

舞台は1981年のアメリカのサンフランシスコ。
クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は妻のリンダ(タンディ・ニュートン)と息子のクリストファー(ジェイデン・スミス)と3人で暮らしていた。
そんなクリスの仕事は新型医療機器のセールスマン。
骨密度を測る新型の機器だが、値段も効果であまり需要がなかった。
当然セールスの方は上手くいかず、病院に営業に行っても追い返されてしまう毎日。

結果裕福な生活とはかけ離れた生活を過ごし、やがて税金を滞納するような生活となり、
妻のパートで得られるお金で何とかその日その日を暮らしていた。

そんなある日、路上に停まったフェラーリがクリスの目に留まった。
クリスはそのフェラーリの持ち主に「どうやったらそんな生活が出来るんだ?」と質問した。
そして返って来た回答は「自分は株の仲介の仕事をしている。学歴なんてなくたって出来る仕事だ」というものだった。

そこでクリスはある決心をすることになる。
今の生活を抜け出す為、愛するものを守る為。
しかし、その後クリスを待ち受ける運命は過酷なものだった…。

映画幸せのちから(The Pursuit of Happyness)について

映画幸せのちから(The Pursuit of Happyness)のジャンル

映画幸せのちから(The Pursuit of Happyness)の監督

映画幸せのちから(The Pursuit of Happyness)の主要キャスト

幸せのちから(The Pursuit of Happyness)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Amzon Prime
  • Hulu
  • U-NEXT