幸せのちから(The Pursuit of Happyness)

© SonyPictures/Photofest/MediaVastJapan

『この手は、離さない―』

映画タイトル

幸せのちから(The Pursuit of Happyness)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2007年

 監督

ガブリエレ・ムッチーノ

 幸せのちから(The Pursuit of Happyness)の主要キャスト

  • ウィル・スミス
  • ジェイデン・スミス
  • タンディ・ニュートン

 幸せのちから(The Pursuit of Happyness)のキャッチコピー

全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。

 幸せのちから(The Pursuit of Happyness)の見所

父と子がどんな環境下でも心を折らずに前に進んでいく姿

 この映画を一言で表現すると

諦めない力

 幸せのちから(The Pursuit of Happyness)のストーリー(あらすじ)

これは事業に失敗した男がどん底の状態から成功をつかむという、真実に基づいたお話―。

舞台は1981年のアメリカのサンフランシスコ。
クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は妻のリンダ(タンディ・ニュートン)と息子のクリストファー(ジェイデン・スミス)と3人で暮らしていた。
そんなクリスの仕事は新型医療機器のセールスマン。
骨密度を測る新型の機器だが、値段も効果であまり需要がなかった。
当然セールスの方は上手くいかず、病院に営業に行っても追い返されてしまう毎日。

結果裕福な生活とはかけ離れた生活を過ごし、やがて税金を滞納するような生活となり、
妻のパートで得られるお金で何とかその日その日を暮らしていた。

そんなある日、路上に停まったフェラーリがクリスの目に留まった。
クリスはそのフェラーリの持ち主に「どうやったらそんな生活が出来るんだ?」と質問した。
そして返って来た回答は「自分は株の仲介の仕事をしている。学歴なんてなくたって出来る仕事だ」というものだった。

そこでクリスはある決心をすることになる。
今の生活を抜け出す為、愛するものを守る為。
しかし、その後クリスを待ち受ける運命は過酷なものだった…。

 幸せのちから(The Pursuit of Happyness)の個人的レビュー

この作品『幸せのちから(The Pursuit of Happyness)』もおすすめ映画です!
実はこの映画『幸せのちから』もクリス・ガードナーという実在の人物をモデルにしたノンフィクション的なお話のようです。
そう考えるとこういった実話に基づいたお話的なものを結構選んで観ているのかもしれません…。

以前、『実話に基づく…。いわゆるノンフィクションみたいな映画はあまり観ません。』と書いた事がありますが、
前言撤回です!
きっとこういうノンフィクション的な映画が好きで、そういう映画を選んで観まくっているのだと思います!!
とくにこういう家族愛みたいな映画は好きです。

そして父親役のウィル・スミスと息子役のジェイデン・スミスは血の繋がった実の親子らしいです!
これには少し驚きました。

この映画を観て改めて思ったのですが、
悪いことってどんどん重なりますよね?
悪い出来事の中で良い出来事があったとしても、その悪い出来事の中でかき消されてしまいます。
いい事はどうして続かないのでしょうか?
僕にはここ何年も良い出来後がないのでそろそろ大きな良い事が起こらないでしょうか…。

とにかくどんなに悪い事が続いたとしても
先にあるであろう良い事を待つ為に今は頑張ります!

この映画、『幸せのちから』はそんな事を考えさせてくれる本当におすすめの映画です!
僕には子供がいません。
でももし子供が出来たら、こんな風に自分以外の誰かの為に頑張る事が出来るのかなとか色んな事を想像します。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
あなたが挫けそうな時にもう一度頑張ろうと思えるような不思議な力を与えてくれるかもしれません。
きっとそれが『幸せのちから』です。