戦場のピアニスト(The Pianist)

© 2002 PR PRODUCTION/STUDIO BABELSBERG/HERITAGE FILM/RUNTEAM LIMITED

音楽だけが生きる糧だった

映画タイトル

戦場のピアニスト(The Pianist)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2002

 監督

ロマン・ポランスキー

 戦場のピアニスト(The Pianist)の主要キャスト

  • エイドリアン・ブロディ
  • トーマス・クレッチマン

 戦場のピアニスト(The Pianist)のキャッチコピー

音楽だけが生きる糧だった

 戦場のピアニスト(The Pianist)の見所

ショパン バラード第一番

 この映画を一言で表現すると

喪失

 戦場のピアニスト(The Pianist)のストーリー(あらすじ)

舞台は1939年のポーランド。ナチスドイツ軍が進行中。
ユダヤ人のウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の職業はピアニスト。
ワルシャワのラジオ局でピアノを弾いていた。

ウワディスワフ・シュピルマンが仕事をしていたラジオ局もドイツ軍の爆撃を受けて崩壊してしまう。
空爆を受けて崩壊してしまったその場から命からがら逃げ出したウワディスワフ・シュピルマン。
その途中で友人のユーレクの妹のドロータ(エミリア・フォックス)に会う。
後にシュピルマンに新しい隠れ家を提供してくれる事になる。

爆撃現場から生還したシュピルマン。帰宅しフランスとイギリスがドイツに対し、宣戦布告をした事を知り、戦況が長引くことはないだろうと考え、家族と共にその事を喜ぶ。

しかし、そう思ったの束の間でワルシャワはナチスドイツに占拠てしまい、
ドイツ人による弾圧でユダヤ人達は苦しめられることになってしまう。

その後、ユダヤ人であるシュピルマン一家もゲットー(ヨーロッパ諸都市内でユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区)に追いやられることに。

しかし、シュピルマンには音楽しかなかった。
その後もシュピルマンはカフェでピアノを弾いたりして生活していた。

戦況が長引くことはないだろうと思っていたシュピルマン。
しかし、状況はどんどん悪化し、同時にユダヤ人に対する弾圧や暴力、迫害は増していった。
そしてとうとうシュピルマン一家は沢山のユダヤ人と共に収容所に送られることになる。

しかし、シュピルマンはユダヤ人警察の友人、ヘラー(ロイ・スマイルズ)に救われ、ウワディスワフ・シュピルマンのみ収容所送りを免れ、ゲットーで強制労働をさせられることになる。
後にその収容所は『絶滅収容所』、『死の収容所』と呼ばれることになる。

その後一人ゲットーに取り残されたシュピルマン。
ゲットーに残ったユダヤ人による蜂起がナチスドイツに鎮圧され、シュピルマンはゲットーを脱出。
その後様々な人の助けを受け、匿ってもらう事で何とかその日、その日を生き延びていた。
彼を本当の意味で救ったのは、生きる糧であった音楽なのかもしれない。

 戦場のピアニスト(The Pianist)の個人的レビュー

この作品『戦場のピアニスト』もおすすめ映画です!
2002年のカンヌ映画祭の最高賞に輝いた作品です。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。