マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)

おすすめ映画 | マイ・フレンド・メモリー

© MiramaxFilms/Photofest/ゲッティイメージズ

『想像力という名のプレゼント』

映画タイトル

マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ(青春)

 映画の公開年

1998

 監督

ピーター・チェルソム

 マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)の主要キャスト

  • エルデン・ヘンソン
  • キーラン・カルキン
  • シャロン・ストーン
  • ハリー・ディーン・スタントン
  • ジーナ・ローランズ
  • ジェームズ・ガンドルフィーニ
  • ジリアン・アンダーソン
  • ミートローフ
  • ジョー・ペリーノ

 マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)のキャッチコピー

忘れないで。 僕は君の勇気になって生きつづける。

 マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)の見所

花火のシーン

 この映画を一言で表現すると

『別れから前に進む力』

 マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)のストーリー(あらすじ)

体格に恵まれたマックス(エルデン・ヘンソン)は同い年の子供たちよりもはるかに体が大きい。
マックスは祖母と祖父との3人暮らしで、母親は居らず、父親は服役中だった。

しかし、そんなマックスにも『学習障害』という欠点があり、
そのせいか屈強な体格を持つにも関わらず周りの同級生達にはいつもいじめられていた。

ある日、マックスの家の横に同い年くらいの少年『ケヴィン(キーラン・カルキン)』が引っ越してくる事となる。
ケヴィンは非常に頭が良く、かしこく、何に対しても前向きな少年だったが、
その反面難病を抱え、余命わずかな体だった。

ある日、屈強な体格を持つマックスはケヴィンに用心棒を頼まれる事となる。
そんな正反対の2人は力を合わせいじめてくる不良少年を撃退し、
二人の間に信頼関係、友情が生まれいつの間にか友達となっていた。

そんな出来事があって間もなく、ケヴィンは突然学校で倒れ、そのまま入院する事となる。
マックスはそこでケヴィンの余命を知り、ひどくショックを受けてしまう事に…。
それでも前向きでかしこい少年ケヴィン。

二人の別れの時は少しずつ近づいていた…。
これは正反対の少年2人の冒険と友情と思い出、そして掛け替えのない『贈り送り』にまつわる物語。

 マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)の個人的レビュー

この映画『マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)』も超おすすめ映画です!
死ぬ前に一度は絶対に観て欲しい本当に素敵な映画です!
僕は初めて観た時思わず号泣してしまいました。

余談ですが、この作品『マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)』ではロレッタ・リーが出演していると分かりちょっとビックリしました。
ロレッタ・リーは『X FILE』のイメージが強かったので、こういう役柄を演じているのはすごく意外だなと思いました。

映画のジャンルで『ヒューマンドラマ』というジャンルが好きですが、
中でもこういう青春系は沢山観て来ました。

こういう映画を観ると子供の頃の思い出や
子供の時に考えてたこと、
子供の頃の想いなど色んなものを思い出させてくれます。

男は誰もが一度冒険みたいなことをしたと思うんですけど、
そういうのって気付いたら忘れちゃったりして、
それでも思い出すとすごく懐かしい気持ちになったりしますよね。

友達との思い出や記憶もそうで、
忘れられない、ずっと印象に残っている友達が居ても
年齢を重ねる毎に忘れてしまったりして
でもそれって何だかとても切ないですよね。

久しぶりにこの映画を観て
小学校の時に仲が良かった友達や一緒にいたずらをした友達、
そんな人達のことを思い出しました。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
この映画『マイ・フレンド・メモリー(The Mighty)』は本当におすすめの映画で、
観終わった後に『一歩踏み出す勇気』をもらえると思います。