仮面の男(The Man in the Iron Mask)

© Kobal/UNITEDARTISTS/TheKobalCollection/WireImage.com

『静と動、繊細と大胆、優しさと激しさ』

映画タイトル

仮面の男(The Man in the Iron Mask)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

1998年

 監督

ランダル・ウォレス

 仮面の男(The Man in the Iron Mask)の主要キャスト

  • レオナルド・ディカプリオ
  • ジョン・マルコヴィッチ
  • ジェレミー・アイアンズ
  • ジェラール・ドパルデュー
  • ガブリエル・バーン
  • アンヌ・パリロー
  • ジュディット・ゴドレーシュ
  • ピーター・サースガード

 仮面の男(The Man in the Iron Mask)のキャッチコピー

『静と動、繊細と大胆、優しさと激しさ』

 仮面の男(The Man in the Iron Mask)の見所

レオナルド・ディカプリオが演じる2つの役

 この映画を一言で表現すると

ONE FOR ALL,ALL FOR ONE

 仮面の男(The Man in the Iron Mask)のストーリー(あらすじ)

舞台は中世のフランス、パリ。
ルイ14世が統辞していた時代の話。
その時代のフランスは隣国との戦争や飢餓などで住民の不満が積もる毎日だった。
市民による反乱は日常茶飯事で、暴君されていたルイ14世(レオナルド・ディカプリオ)は市民から命を狙われていた。

ルイ13世に仕えた3銃士のアトス(ジョン・マルコヴィッチ)、アラミス(ジェレミー・アイアンズ)、ポルトス(ジェラール・ドパルデュー)が活躍したのも昔の話。
老いてしまった3銃士は現役を退いていたが、その中でただ一人ダルタニアン(ガブリエル・バーン)は親衛隊の隊長としてルイ14世に仕えていた。

当時のルイ14世は自分の事だけを考え、民を飢えさせ、戦争を繰り返し、他人の恋人であろうとその権力を行使し自分のものにしていた。
そんなルイ14世の暴虐である事件を起こし、その事でアトスは反旗を翻し、とうとう三銃士の間で『王をすり替える』という話にまで発展した。

そして、王の代役は牢獄に閉じ込められた仮面の男だった…。

 仮面の男(The Man in the Iron Mask)の個人的レビュー

この作品『仮面の男』もおすすめ映画です!
実はこの映画『仮面の男』は『ロミオ+ジュリエット』や『タイタニック』よりも前に公開された映画みたいです。
ストーリーの内容や時代背景、後は作品のタッチなどで何だか古い映画のように感じさせられます。

この映画『仮面の男』は僕が丁度レオナルド・ディカプリオの出演する映画にはまっていた時に当時付き合っていた彼女から勧められて観た映画です。
もう10年以上前ですが、当時面白かったなっていう記憶があったのですが、
ストーリーの結末や途中の大事な部分であったりといったものを忘れてしまっていたので、
改めてもう一度観てみようと思い先日レンタルしたのですが、
時間が経ってから改めて観たのですが、やっぱり面白かったです!
『かなり面白い!!』って言っちゃうと違うかもしれませんが、
個人的には好きな映画です!

そういえばこういう意外な展開だったなとか、ストーリーってかんな感じだったかな?とか、
改めて観てみて感じることの方が多かったような気がします。

そして、何よりもレオナルド・ディカプリオが演じる一人二役は必見です!!
同じ人物が目や顔だけで見せる表現、声などでこんなにも違う印象を与える事が出来るんだなと何だか感動しちゃいました。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
この映画『仮面の男』もおすすめ映画です!!