アビエイター(The Aviator)

アビエイター(The Aviator)

ただいま準備中

映画アビエイター(The Aviator)のストーリー(あらすじ)

ハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)には幼少の頃のこんな記憶がある。
お湯を張った室内の簡易プールのようなものの中に立ち、潔癖症の母親に体を洗われるハワード。
その時に母親からある事を言われ、その後彼は母親のその言葉によって苦しみ続ける事となる…。

その後しばらくしてハワードの父親が亡くなり、その巨額な遺産がハワードの元に転がり込んで来る事となった。
1927年、その遺産を使ってハワードは映画製作を行っていた。
その後1930年に『地獄の天使』というタイトルで映画が完成された。

その事がきっかけとなり、ハワードはハリウッドセレブの仲間入りを果たす。
その後間もなくし女優のてキャサリン・ヘプバーン(ケイト・ブランシェット)と出会い、ハワードは恋に落ちる事となった。
順風満帆の人生、自らが製作した映画をきっかけに着実に成功と幸せを手に入れようとしていたハワード。
続いてもうひとつの夢であった飛行機を作るという事業に着手し始める。
しかし、何もかもが成功し続ける訳でもなく、幸せはずっと続くものでもなかった。
夢を追いかけ掴んだ時、更にその先に何が見えるのだろうか…。

映画アビエイター(The Aviator)について

映画アビエイター(The Aviator)のジャンル

映画アビエイター(The Aviator)の監督

映画アビエイター(The Aviator)の主要キャスト

アビエイター(The Aviator)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Amzon Prime
  • Hulu
  • U-NEXT

アビエイター(The Aviator)の関連キーワード