ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

ただいま準備中

映画ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)のストーリー(あらすじ)

舞台は1960年代、アメリカのテキサス。
母親と2人で暮らしていたウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は孤独を感じていた。
父親は居らず、顔も知らない。
母親のメイは(キーラ・セジウィック)自分のことばかり考える人間でだらしなく、いつも男に依存してはその騙されていた。

ある日、母親のメイは速記の専門学校に通うという理由でウォルターを大伯父(メイの伯父)に預けることにした。
ウォルターはその大伯父たちには一度も会ったことがなかった。
母親メイの話によると40年蒸発状態だったが急に帰って来たとの事だった。
分かっていることはその大伯父たちが出処の分からない大金を持っているとのこと。
メイはウォルターにその大金の在り処を突き止めるようにいった。

大伯父たちの家に到着し、初めて見た大伯父ふたり。
兄のハブ(ロバート・デュヴァル)、弟のガース(マイケル・ケイン)共に印象は無愛想で暴力的、自分に子供の自分に興味すらない冷たい大人のようだった。
メイの身勝手な理由で大伯父たちの家に半ば強引に預けられることになったウォルターはここでも孤独を感じていた。

大伯父たちの家では様々な出来事があり、
自分の存在が嫌になってしまったウォルターは大伯父たちの家を飛び出してしまう。

飛び出して向かった先は電話ボックス。
母の通っている速記の専門学校に電話をし、
取り次いでもらおうとしたが
母はそこに在籍していなかった。
どこにも居場所のないことを改めて実感したウォルター。

そんなウォルターを観て大叔父のハブとガースはウォルターを慰め、説得し一緒に暮らすように頼む形となった。
そこから少しずつお互い心を開くようになっていった。

ある日、ウォルターは大叔父の一人ハブが夜な夜な湖の方に向かっていく姿を目撃する。
そこで大叔父達の過去、秘密を知ることとなる…。

映画ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)について

映画ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)のジャンル

映画ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)の監督

映画ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)の主要キャスト

ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)を閲覧できる動画サービス

  • Netflix
  • Amzon Prime
  • Hulu
  • U-NEXT