ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

© ニューライン・シネマ,角川映画,ポニーキャニオ,角川映,TM,MMIII NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

孤独な少年と、心に傷を持つおじいさん。忘れられない夏がくる。

映画タイトル

ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2004

 監督

ティム・マッキャンリーズ

 ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)の主要キャスト

  • ハーレイ・ジョエル・オスメント
  • ロバート・デュヴァル
  • マイケル・ケイン
  • キーラ・セジウィック
  • ニッキー・カット
  • ジョシュ・ルーカス
  • マイケル・オニール

 ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)のキャッチコピー

信じること――。 それが、愛の始まり。

 ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)の見所

大伯父の冒険、回想シーン

 この映画を一言で表現すると

子供と老人の間に生まれた友情

 ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)のストーリー(あらすじ)

舞台は1960年代、アメリカのテキサス。
母親と2人で暮らしていたウォルター(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は孤独を感じていた。
父親は居らず、顔も知らない。
母親のメイは(キーラ・セジウィック)自分のことばかり考える人間でだらしなく、いつも男に依存してはその騙されていた。

ある日、母親のメイは速記の専門学校に通うという理由でウォルターを大伯父(メイの伯父)に預けることにした。
ウォルターはその大伯父たちには一度も会ったことがなかった。
母親メイの話によると40年蒸発状態だったが急に帰って来たとの事だった。
分かっていることはその大伯父たちが出処の分からない大金を持っているとのこと。
メイはウォルターにその大金の在り処を突き止めるようにいった。

大伯父たちの家に到着し、初めて見た大伯父ふたり。
兄のハブ(ロバート・デュヴァル)、弟のガース(マイケル・ケイン)共に印象は無愛想で暴力的、自分に子供の自分に興味すらない冷たい大人のようだった。
メイの身勝手な理由で大伯父たちの家に半ば強引に預けられることになったウォルターはここでも孤独を感じていた。

大伯父たちの家では様々な出来事があり、
自分の存在が嫌になってしまったウォルターは大伯父たちの家を飛び出してしまう。

飛び出して向かった先は電話ボックス。
母の通っている速記の専門学校に電話をし、
取り次いでもらおうとしたが
母はそこに在籍していなかった。
どこにも居場所のないことを改めて実感したウォルター。

そんなウォルターを観て大叔父のハブとガースはウォルターを慰め、説得し一緒に暮らすように頼む形となった。
そこから少しずつお互い心を開くようになっていった。

ある日、ウォルターは大叔父の一人ハブが夜な夜な湖の方に向かっていく姿を目撃する。
そこで大叔父達の過去、秘密を知ることとなる…。

 ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)の個人的レビュー

この作品『ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)』もおすすめ映画です!
そんなに有名な映画ではないかもしれませんが、
本当に良い映画でした!
子供の時に観たいおすすめ映画です!!
大人の温かみに触れられる
そんな映画だと僕は思っています。

これは余談ですが、この作品の主人公ウォルターを演じた『ハーレイ・ジョエル・オスメント』ですが、
映画『シックス・センス』や『A.I.』などにも出演していますよね?
先日webニュースである記事を観たのですが、
今大変なことになってました。
ハーレイ・ジョエル・オスメントの今
かつての面影が…。

僕がこの映画、『ウォルター少年と、夏の休日(Secondhand Lions)』を観たのは確か高校生の時だったと思います。
友人の勧めで観てみようと思ったのですが、
この映画のタイトルを観て、『本当に面白のかな?』と思い、
実際にこの作品をビデオレンタル店で借りるまで時間が掛かりました。

本当に観たかった映画を何本かと一緒にこの『ウォルター少年と、夏の休日』をレンタルし、
最後にこのウォルター少年と、夏の休日という映画を観たのですが
レンタルした映画の中で一番面白かったです!

共感っていうとちょっと違うのかもしれませんが、
子供時代に『孤独』を感じることっていうのがあって、
そういう時に触れた人の優しさ
その時に大切にしていた自分の想いを思い出しました。

改めて考えると当たり前の感情だったりするのかもしれませんが、
その時に言葉にしたりするのがすごく難しかったなって。
もしかしたら観る人によっては子供時代の懐かしい記憶を思い出させてくれる映画になるかもしれません。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
この映画を観終わった後に少しほっこりとした気分になれるかもしれません。
『ウォルター少年と、夏の休日』本当におすすめの映画です!!