マイ・ボディガード(Man on Fire)

© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『守りたい。男に生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。』

映画タイトル

マイ・ボディガード(Man on Fire)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : アクション(サスペンス)

 映画の公開年

2004年

 監督

トニー・スコット

 マイ・ボディガード(Man on Fire)の主要キャスト

  • デンゼル・ワシントン
  • ダコタ・ファニング
  • クリストファー・ウォーケン
  • ジャンカルロ・ジャンニーニ
  • ラダ・ミッチェル
  • マーク・アンソニー
  • レイチェル・ティコティン
  • ミッキー・ローク

 マイ・ボディガード(Man on Fire)のキャッチコピー

守りたい。男に生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。

 マイ・ボディガード(Man on Fire)の見所

メキシコのリアルを描いた世界観

 この映画を一言で表現すると

シリアスな世界感から垣間見えるヒューマンドラマ

 マイ・ボディガード(Man on Fire)のストーリー(あらすじ)

人は芸術家になれる。料理でも何でもいい。要はどれだけその道に秀でているかだ。彼は”死”の芸術家だ。これは生涯の名作になる。それしか言えない。

マイ・ボディガード
©Kobal/20THCENTURYFOX/REGENCY/TheKobalCollection/WireImage.com

舞台は現代のメキシコ。
治安の悪いメキシコでは誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。
結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、誘拐保険に加入していた。

ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた。
長い間そんな生活を続けたせいか、除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。
そんなクリーシーに友人のレイバーン(クリストファー・ウォーケン)はある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。

実業家のサムエル・ラモス(サムエル・ラモス)には美しい妻のリサ・ラモス(ラダ・ミッチェル)と9歳になる愛娘のピタ・ラモス(ダコタ・ファニング)が居た。
誘拐がビジネスとして成立し、日常的に発生するメキシコという国では
サムエルもまた、その他裕福な家庭と同じようにボディーガードを雇うことに。

そして、今回サムエルに雇われたボディーガードがクリーシーだった。
クリーシーの任務は娘のピタをボディーガードすること。

マイ・ボディガード
©Kobal/20THCENTURYFOX/REGENCY/TheKobalCollection/WireImage.com

ピタは『クマ』のような男、クリーシーと友達になりたいと思っていた。
しかし、酒に溺れ生きる希望をなくしてしまったその『クマ』のような男の瞳には無邪気な少女の笑顔も写らず、最初は興味も示さなかった。
ピタに『君の友達ではない』と言いながら、ひたすらに義務的に自分の仕事をこなしていた。

そんなクリーシーを見てピタは母リサに言った。
『彼はクマに似てる。大きくて寂しげで。』

マイ・ボディガード
©Kobal/20THCENTURYFOX/REGENCY/TheKobalCollection/WireImage.com

だが、クリーシーは長い間ピタのボディーガードとして過ごす内に、ピタに心を許し始め、同時に父親にも似たような感情を抱くようになっていくのだった。
しかし、そんな優しい時間も長くは続かなかった。
ある事件をきっかけに平和だった日常が音を立てて崩れさってしまうことになるのだった…。

マイ・ボディガード
©Kobal/20THCENTURYFOX/REGENCY/TheKobalCollection/WireImage.com

 マイ・ボディガード(Man on Fire)の個人的レビュー

今日は僕の大好きなアクション映画『マイ・ボディガード(Man on Fire)』を紹介します!
この『マイ・ボディガード』という映画も本当に超おすすめ映画です!!

この映画『マイ・ボディガード』は2004年に公開されたアクション映画です。
アクション映画というジャンルで括られていますが、作品の内容自体は非常にシリアスで、
サスペンス的な要素も満載で、その中に様々な人間のヒューマンドラマが詰め込まれています。
本当におすすめ映画です!!

この映画を初めて見たのは僕が確か20代前半くらいだったと思うのですが、
その時の気分は『カッコイイ迫力のあるアクションが見たい!!』という気分で意気揚々とGEOに向かい、迷うことなく洋画のアクションが並んでいるコーナーを目指し借りた映画です。
DVDのパッケージがすごく印象的で、『絶対に面白いだろう!』という予感がしていました。

早速自宅に帰ってビールを飲みながらこの『マイ・ボディーガード』という映画を見ていたのですが、
想像していたものとは全然違い、映画自体は何だか暗い雰囲気でした。
ストーリーも中々シリアスな感じで、映画を見始めて少し経つと僕のアクション熱が覚めてしまいました…。

それから少しずつこの『マイ・ボディガード』という映画の世界観に引き込まれて、
気付けば1時間以上経過していて、その時にはもうこの映画に釘付けになっていました。

ただ『カッコイイ!』、『迫力がヤバイ!』といったようなアクション映画というものではなく、
本当にシリアスな内容が多く、サスペンス要素もあり色々と考えさせられる映画でした。

クリーシー役のデンゼル・ワシントンが格好良く、アクションシーンもすごく迫力のある感じで良かったのですが
ピタ役のダコタ・ファニングの演技もすごく良く、本当に最高の映画でした!!
特にピタのセリフで『私は囚人。銃声で開放される。』というものがあるのですが、
すごく印象に残ります!

この映画『マイ・ボディガード』はメキシコを舞台に製作された映画のようですが、
メキシコ実際に『世界で一番治安が悪い』みたいなこと言われることとかあありますよね?
この映画『マイ・ボディガード』はその辺を妙にリアルに表現していると思います。

余談ですが、ピタ役のダコタ・ファニングは映画『アイ・アム・サム』にも出演していましたよね?
この人の演技力は素直にすごいなと思います。

今回のように自分の大好きな映画を紹介していくことで
僕の中の『おすすめ映画ストック』がどんどん減っていっているような気がするのですが、
今後ももっと色んな映画を見て、これからも自分なりにおすすめ出来る映画を紹介できればと思います!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
日本で生きている以上、色んなことを考えさせられる映画だと思います。
『カッコイイだけのアクションじゃないアクション映画が観たい』
このマイ・ボディーガードはそんな人には本当におすすめの映画です!