レオン 完全版(LEON)

© 1994 GAUMONT / LES FILMS DU DAUPHIN

『君はおれに生きる希望を与えてくれた。俺は幸せになりたい。ベッドで眠って、大地に根を張って。もう一人では居たくない。』

映画タイトル

レオン 完全版(LEON)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : アクション

 映画の公開年

1994

 監督

リュック・ベッソン

 レオン 完全版(LEON)の主要キャスト

  • ジャン・レノ
  • ナタリー・ポートマン
  • ゲイリー・オールドマン

 レオン 完全版(LEON)のキャッチコピー

込めたのは、銃弾と愛。

 レオン 完全版(LEON)の見所

銃撃アクション、人間味溢れるドラマ

 この映画を一言で表現すると

禁断の愛

 レオン 完全版(LEON)のストーリー(あらすじ)

舞台はニューヨーク。一人で孤独に生きるレオン(ジャン・レノ)。レオンの職業は一流の殺し屋で仕事は完璧にこなす。
一流の殺し屋であるレオンはトレーニングと1日2リットルの牛乳を飲む事を欠かさない。

レオンの趣味は根っこを持たない鉢植えに植えた観葉植物。彼にとっては友人のような大切な存在だ。
そんなレオンはイタリアンレストラン兼マフィアのボスからの依頼を受けその依頼を完璧にこなし生計を立てていた。

ある日、レオンの彼の隣の部屋に住む12歳の少女のマチルダ(ナタリー・ポートマン)と知り合うことになる。
マチルダもまた孤独な少女であり、日々父親や義理の姉から虐待を受け、家族からは疎まれる存在であった。
当時本当に心を許せる存在は血の繋がっていない弟だけだった。

父親に殴られ、鼻血を出していたマチルダにハンカチを差し出すレオン。
その時、レオンはマチルダに尋ねられる。
「大人になっても人生は辛いの?」

レオンは答えた。
「辛いさ。」
そんなやり取りのあった翌日、マチルダに更に辛い現実が襲いかかる。

父親が麻薬の組織から横領をした事がバレてスタンフィールド(ゲイリー・オールドマン)とその部下達に自宅が襲撃されてしまう。
その場に居た父を含め、母親、義姉、義弟全員マシンガンで皆殺しにされてしまう。

優しい隣人レオンの為に牛乳を買いに出かけていたマチルダは運良くその現場には居なかった。アパートに戻ったマチルダは目を覆いたくなるような現実と遭遇することになる。マチルダは自分の部屋には戻らずにそのまま隣の住人、殺し屋のレオンに助けを求める。

「あなたが助けてくれないと私も殺されてしまう。」そんな風に訴えるマチルダの目から流れる涙をドア越しから見たレオンは仕方なくマチルダを自分の部屋に入れ保護した。

そのお陰でマチルダの存在はスタンフィールド達には気付かれる事なく、その場で殺される事はなかった。
そのまま行く場所を無くしてしまったマチルダはレオンに『殺し屋』にして欲しいと頼み込む。そして、同時にスタンフィールドへの復讐を誓った。

当然レオンは断った。
だが自分の正体を知ってしまった12歳の少女を殺す事もましてや追い出すことも出来ずに共同生活を送ることになる。

レオンはマチルダに殺しのテクニックを教え、マチルダは学のないレオンに読み書きを教えた。
始めは戸惑っていたレオンも次第にマチルダに対し心を開き始め、彼女を愛してしまう。

 レオン 完全版(LEON)の個人的レビュー

この作品も本当におすすめの映画です!
銃撃アクションもすごいですが、とにかく話がいいです。
最後は号泣してしまいました。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
本当に何度でも観たくなる映画です。