インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)

© FRANCOISDUHAMEL/GEFFENPICTURES/TheKobalCollection/WireImage.com

勇気があるなら、聞かせてあげよう
僕たちの愛のすべてを。

映画タイトル

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ホラー

 映画の公開年

1994

 監督

ニール・ジョーダン

 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)の主要キャスト

  • トム・クルーズ
  • ブラッド・ピット
  • キルスティン・ダンスト
  • クリスチャン・スレーター
  • スティーヴン・レイ

 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)のキャッチコピー

Drink from me and live forever.

 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)の見所

人の命を奪う事が出来ない、ヴァンパイとして生きる事になったルイの生き方。

 この映画を一言で表現すると

永遠を生きる事と引き換えに全てを失う。

 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)のストーリー(あらすじ)

「あなたが去ったら誰が私を守るの?」

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
©FRANCOISDUHAMEL/GEFFENPICTURES/TheKobalCollection/WireImage.com

舞台はサンフランシスコ。
マスコミという業界で何とかのし上がろうと野心に燃えていたクリス。
ある日、クリスは美しい青年のルイ(ブラッド・ピット)を見付け、インタビューをするというところからこの物語は始まる。

ルイは怪しい雰囲気を持つ氷のような空気をまとった綺麗な青年であった。
そんなルイをインタビューすればすごい話が聞けるのではないか…。
そして、ルイへのインタビューが始まる。

彼の口から出る話は衝撃的な内容だった。
何と彼は200年の時を生きるヴァンパイアだったのだ。

ルイの物語の始まりの舞台は18世紀末のアメリカ合衆国ニューオリンズ。
妻と娘を同時になくした悲しみから生きる気力をなくした一人の青年、ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック。
自暴自棄になって体たらくな日々を過ごし、自分の命をも軽く扱っているルイの目の前にヴァンパイアのレスタトが現れ彼のヴァンパイアとしての第二の人生が始まる。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
©FRANCOISDUHAMEL/GEFFENPICTURES/TheKobalCollection/WireImage.com

生きる事に疲れ、自分の命をも軽く扱っていたルイがレスタトに血を吸われ、
いよいよ死が目前に迫った時にルイは『生きる』こと(ヴァンパイアになること)を選択した。

その後200年の時を生きることになったルイ。
ヴァンパイアとしての人生の中で様々な出会い、そして別れがあった。

 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)の個人的レビュー

この作品『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)』は超おすすめヴァンパイア映画です!
どの辺が映画のおすすめポイントかというと、この物語の主人公である"ルイ"の人間味あふれる姿、そして様々な葛藤の中で描かれるヒューマンドラマだと思います。
原作はアン・ライスによる小説の『夜明けのヴァンパイア』。
各所でホラーとして位置づけされているのをよく見るのですが、個人的にはかなりドラマティックなものだと思っております。

時代から時代を生きるヴァンパイアのルイ(ブラッド・ピット)が、どういう経緯でヴァンパイアとなったのか、ヴァンパイアになってからの彼の人生、永遠を生きるということは
そんなヴァンパイアの彼にある記者がインタビューをし、彼がヴァンパイアとして生きたこれまでの半生をその記者に話すという内容となっています。

出演者にはトム・クルーズやブラッド・ピットがいます。
ブラッド・ピットが出演している映画で好きな映画は沢山ありますが、この映画もそのひとつです。
インタビュー役でクリスチャン・スレーターが出演していますが、当初は映画『スタンド・バイ・ミー』でクリストファー役を演じていたリバー・フェニックスが演じることになっておりました。

出典元 : prismmm.com
出典元 : livedoor.blogimg.jp

しかし、撮影の直前にリバー・フェニックスはヘロインとコカインの過剰摂取を原因とする心不全で亡くなり、彼が演じることはなくなったようです。
リバー・フェニックスの事を調べようと思い、wikiを見ていたのですが、彼の生きた23年間は本当に壮絶なものだったんだろうなと思いました。
興味がある方は是非wikiを見てみて下さい。

人間を襲い血を飲み、命を奪うということに関しての葛藤
永遠を生きるということはどういうことなのか
自分が犯してしまった罪に大してどう向き合っていくのがいいのか
人間の心を持ち続けようとするルイの本当に長い人生が語られる作品となっています。

永遠』という、絶対に存在しないもの、幻想、誰もが欲しがるもの
そういったものを彼の視点から描かれたストーリーです。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
ヴァンパイアという存在に対して、在り来たりではない視点で描かれたヴァンパイア系の作品では一番好きな作品です。
この映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(Interview with the Vampire)』も本当におすすめのヴァンパイア映画です!!