アイ・アム・サム(I am Sam)

© NewLineCinema/Photofest/MediaVastJapan

いっしょなら、愛は元気。

映画タイトル

アイ・アム・サム(I am Sam)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2001

 監督

ジェシー・ネルソン

 アイ・アム・サム(I am Sam)の主要キャスト

  • ショーン・ペン
  • ミシェル・ファイファー
  • ダイアン・ウィースト
  • ダコタ・ファニング
  • ローラ・ダーン

 アイ・アム・サム(I am Sam)のキャッチコピー

いっしょなら、愛は元気。

 アイ・アム・サム(I am Sam)の見所

サムの奮闘

 この映画を一言で表現すると

親子の絆

 アイ・アム・サム(I am Sam)のストーリー(あらすじ)

7歳児と同じレベルの知能しかないサム(ショーン・ペン)。
そんなサムはスターバックスで働きながら、娘のルーシーを育て、周りの助けを借りながら二人で楽しく暮らしていた。
ルーシーの母親はホームレスだったようで、ルーシー(ダコタ・ファニング)を生むとすぐに姿を消してしまったのだった。

それから7歳になったルーシーはとうとう父親サムの知能レベルを追い越してしまう。
サムは7歳にになったルーシーの勉強を見てあげる事も勉強も教えてあげる事も出来ない。

そして、ソーシャルワーカー(生活的に困っていたり、社会的に疎外されている人に対し総合的かつ包括的な援助を行う専門家のこと)は
そんなサムを父親として養う能力がない父親だと判断。

その結果ルーシーは施設に預けられる事となり、サムは腕がいいことで有名な女弁護士のリタ(ミシェル・ファイファー)に弁護を依頼する。
だが、スターバックスで働くサムにはそんなにお金もなく、
サムにとっては状況的に不利な裁判であった為リタに依頼を断られてしまうことになる。

それでも愛娘のルーシーのことを諦める事の出来ないサムは
改めてリタに弁護を依頼し、友人達にも協力してもらい、裁判で戦う事を決意するのだった…。

 アイ・アム・サム(I am Sam)の個人的レビュー

この作品『アイ・アム・サム(I am Sam)』も超おすすめ映画です!
感動する本当に良い映画でした。

父親のサムを演じるショーン・ペンの演技がとにかくすごい!
映画って自分で自分を演じる事よりも他人が誰かを演じる事の方が多いと思うのですが、
観ていてそれが自然というか、何だか引き込まれる感じがしました。

ストーリーも本当に良いお話で、ちょっと『ほっこりしたいな』なんて気分の時には丁度良い映画だと思います。
周りには居ませんが、居てもおかしくないというか、
その辺を上手く表現できているのかなと思いました。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
観終わった後にきっとほっこりとした気分になれます。