ハンニバル(Hannibal)

© 2000 UNVERSAL STUDIOS

「彼に何も与えるな」「彼に何も話しかけるな」

映画タイトル

ハンニバル(Hannibal)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : サスペンス

 映画の公開年

2001

 監督

リドリー・スコット

 ハンニバル(Hannibal)の主要キャスト

  • アンソニー・ホプキンス
  • ジュリアン・ムーア
  • ゲイリー・オールドマン

 ハンニバル(Hannibal)のキャッチコピー

「羊たちの沈黙」から10年。沈黙は、悲鳴で破られる。

 ハンニバル(Hannibal)の見所

レクターのカリスマ性

 この映画を一言で表現すると

美学

 ハンニバル(Hannibal)のストーリー(あらすじ)

※以下映画『ハンニバル』のストーリーを書きますが、『羊たちの沈黙』の続き作品となる為、ネタバレとなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

アメリカで発生した猟奇的殺人事件、『バッファロー・ビル事件』から10年。
バッファロー・ビル事件で犯人を逮捕したクラリス(ジュリアン・ムーア)はFBIの中でもベテランの捜査官になっていた。
しかし、そんなクラリスだがある事件でドラッグの売人を射殺してしまった事でマスコミやFBI内部でも沢山の非難を浴び、遺族からは告訴されていた。

そんな状況の中、クラリスを救ったのは一人の富豪の男だった。
彼の名前はメイスン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)。
以前、自身の患者9名を殺し、その後警察官などを殺害し逃亡した元精神科医の男、『ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)』への激しい復讐心に燃えるメイスン。
メイスンは過去ハンニバルに暗示を掛けられ、自らの顔を犬に食べさせ、自らの力で瞬きを出来ない程顔面が崩壊してしまっていた。
その際に首の骨を折り、体が麻痺し、生命維持装置なしでは生きられない体となっていた。

メイスンはクラリスを逃亡したハンニバルの捜索に復帰させようとする。
全ては自身の復習の為に。

そんな中、ハンニバルはアメリカを離れイタリアのフィレンツェに居た。
フェルと名前を変えて、名家の蔵書を司る職に就いていたのだった。

そしてある日、ハンニバルからクラリスの元に1通の手紙が届く。
手紙の内容はこうだった。
『クラリス、いまも羊たちの悲鳴が聞こえるか教えたまえ』

 ハンニバル(Hannibal)の個人的レビュー

前回に続きハンニバルシリーズの『ハンニバル』という映画ですが、
この作品もおすすめ映画です!
羊たちの沈黙』を観たのであれば、ぜひ観て欲しい映画だと思っています。
このシリーズでいうと後は『レッド・ドラゴン』、そして『ハンニバル・ライジング』がありますが、
個人的にはこのシリーズではこの『ハンニバル』という作品が一番面白かったです。

当時バトルロワイヤル以外で唯一年齢制限のある映画を観たのが
この『ハンニバル』です。

その時幽霊やホラーといったものよりも
人間の狂気が一番恐ろしいものだと思いました。

正直この作品をこのブログで書くのは悩んだのですが、
こういうジャンルが好きだという人も居ると思ったのであえて書きました。
中には目を覆いたくなるようなおぞましい光景も多々出てきますが、全てがこの作品を形にする為に必要なものだと僕は思っています。

実際に自分の周りには居ませんが、
この作品を観る事で人間の『狂気』について少し触れることが出来たような気がします。

恐らくこの映画は僕がサスペンスにはまるきっかけのひとつとなった映画だと思います。
観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。