グラン・トリノ(Gran Torino)

おすすめ映画 | グラン・トリノ

© 2009 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

『俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。』

映画タイトル

グラン・トリノ(Gran Torino)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2009年

 監督

クリント・イーストウッド

 グラン・トリノ(Gran Torino)の主要キャスト

  • クリント・イーストウッド
  • ビー・ヴァン
  • アーニー・ハー
  • クリストファー・カーリー
  • ブライアン・ヘイリー
  • ブライアン・ホウ
  • ジェラルディン・ヒューズ
  • ドリーマ・ウォーカー
  • コリー・ハードリクト
  • ジョン・キャロル・リンチ
  • スコット・リーヴス

 グラン・トリノ(Gran Torino)のキャッチコピー

俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。

 グラン・トリノ(Gran Torino)の見所

老いを感じさせないクリント・イーストウッドの深みのある演技

 この映画を一言で表現すると

孤独で頑固な優しいヒーロー

 グラン・トリノ(Gran Torino)のストーリー(あらすじ)

舞台はアメリカのデトロイト。
庭付きの一軒家に愛犬のデイジーと暮らしている元軍人のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)。
最愛の妻が他界し一人になってしまった。

ウォルトは息子や孫に疎まれ、周りの人間からは嫌われ者の存在だった。
その理由はウォルトには、自分だけの正義があり、それに外れるものは何もかも許せないという考えの持ち主だったからだった。

妻の葬儀では、孫娘の葬儀らしからぬ派手なファッションに怒り、葬儀の参列者は「会食に出すハムを食いに来ただけだ」と言い放つ始末。
そして亡くなったウォルトの妻に頼まれたという神父を鬱陶しく思い、「頭でっかちの童貞」と毒づく。

そんなウォルトを苛立たせているのは神父や息子達だけではなかった。
隣にはアジア系の移民が住んでいたのだった。
ウォルトが許せないのは隣のアジア系の移民達が家屋の手入れもせず、
その息子達がギャングのような振る舞いで日々他の人種の者達と揉め事を起こす事だった。

ウォルトはそんな日々の苛立ちとは裏腹に退屈な日常を送っていた。
家の傷んだ部分を修理、手入れをし、庭の芝生を刈ったる、縁側でビールを飲みながら愛犬のデイジーに話しかける。
そんなウォルトの唯一の楽しみは愛車のグラントリノをガレージから出し磨き上げ、眺めることだった。
その愛車のグラン・トリノは元々フォードの自動車工として働いていたウォルトがに自らステアリング・コラムを取り付けたお気に入りのヴィンテージ・カーだった。

そんなウォルトの大切な退屈な日常を壊そうとした命知らずの少年が現れた。
それはウォルトの自宅の隣に住む、モロ族の少年のタオだった。

タオは学校行にも行かずに仕事もせずにフラフラとしていた。
そんなタオに目を付けたのは従兄のスパイダーだった。
スパイダーはタオを自分のギャンググループに入れようと、タオにウォルトのグラン・トリノを盗むように命令する。
そして、タオはウォルトの愛車を盗もうと夜中にウォルトの自宅のガレージに忍び込んだのだが、そこでウォルトに見付かってしまうのだった…。

 グラン・トリノ(Gran Torino)の個人的レビュー

この映画『グラン・トリノ(Gran Torino)』も超おすすめ映画です!
最初から最後までクリント・イーストウッドがカッコイイです!!
渋いだけじゃない、『本当にカッコイイ男をそのままに映画にしちゃいました』みたいな映画です!

この映画『グラン・トリノ』がアメリカで公開されたのが2008年だという事を考えると
映画の撮影自体はその一年前か二年前かくらいだと思うのですが、
2006年だとしても当時クリント・イーストウッドは75歳です。

もう…考えられないですよね?
75歳ってもうかなりのおじいちゃんだと思うんですけど、
本当にこのクリント・イーストウッドは別格ですね!!

この作品をおすすめする理由としては
上記で説明したようにとにかくクリント・イーストウッドがカッコイイです!!
年齢を感じさせないその演技です。

たまに喋り方とか仕草で『あまり演技が上手じゃないな…』と思うようなおじいちゃん俳優も居ると思うのですが、
英語を自然に聞き取れる程英語は分かりませんが、クリント・イーストウッドの何か演技の凄さは伝わって来るような気がしました。
とにかくカッコイイです!!

次にストーリーが良く出来ていると思いました。
というか、、号泣しました。
もう、、、ヤバかったです!
孤独で頑固なおじいちゃんがヒーローになるっていう…。

そして、若い世代が犯してしまいそうな犯罪やいじめ。
アメリカならではの問題のようなもの。
そんなものを本当にリアルに映画という作品にしちゃっています。

妻の死、息子達に疎まれる存在だった自分、過去に犯した罪、絶対に曲げない自分の信念、タオとの友情…。

そして、そこに様々なヒューマンドラマがあり、僕は終始この『グラン・トリノ』という映画の世界観にも引き込まれてしまいました。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
男性ならきっと、観終わった後に将来はカッコイイおじいちゃんになりたいと思いたくなるような映画だと思います。
この映画『グラン・トリノ(Gran Torino)』も本当におすすめ映画です!