フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)

© ParamountPictures/Photofest/MediaVastJapan

『人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない』

映画タイトル

フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

1995年

 監督

ロバート・ゼメキス

 フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)の主要キャスト

  • トム・ハンクス
  • サリー・フィールド
  • ロビン・ライト
  • ゲイリー・シニーズ
  • ミケルティ・ウィリアムソン

 フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)のキャッチコピー

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない

 フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)の見所

フォレスト・ガンプの成長

 この映画を一言で表現すると

挑戦

 フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)のストーリー(あらすじ)

今日もフォレスト(トム・ハンクス)はバス停にいた。
そして、バスを待つ人々に話し掛けるフォレスト。
「僕の名前はフォレスト・ガンプ。チョコレートどうです?僕は150万個食べられる。」

そうして毎日バス停で待ち続ける。
彼女がやって来るのを。

アメリカのアラバマ州のグリーンボウで生まれ育ったフォレスト・ガンプ。
フォレストはその人生の中で様々な事にチャレンジをし、結果を出して来た男だ。

そんなフォレストは生まれつきIQが人並み以下だった。
幼い頃は背骨が曲がって居た為、矯正器具を身に付け歩行していた。
フォレストに対し、学校側は特殊学校への進学を勧めていた。
しかし、そんなフォレストに対して母(サリー・フィールド)は普通の子供として育てる事を決意し、
そのまま息子のフォレストを公立の小学校に行かせた。

当然そんなフォレストは同年代の子供たちのいじめの対象になった。
それでもフォレストには友達と呼べる存在がいた。
美しい少女のジェニー(ロビン・ライト)だ。
フォレストが初めて乗ったスクールバスでジェニーは彼に席を譲ってあげた。
ジェニーはそんな心優しい少女だった。

ある日、いつものようにフォレストはいじめにあっていた。
いじめっ子に自転車で追いかけられ、矯正機を付けたまま、必死に逃げるフォレスト。
その時にジェニーが叫んだ。
「走って!」
走り出したフォレスト。最初はぎこちなかったが、その内身に付けていた矯正機が壊れ、誰よりも走り抜けるフォレスト。
実はフォレストには才能があり、俊足の持ち主だった。

その後高校、大学と進学し、
フォレストはその瞬足を買われアメリカン・フットボールの選手の全米代表にまでなっていく。

その後も様々な事にチャレンジをしていくフォレスト。
様々な舞台で大活躍し、成功を納めていく。

 フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)の個人的レビュー

今日は『トム・ハンクス』主演作品の中でかなり好きな映画『フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)』を紹介します!
この作品『フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)』も本当におすすめ映画です!!

主演はトム・ハンクス。
1995年に公開された洋画のヒューマンドラマです。
映画のキャッチコピーは『人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない』。
この映画フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)にかなりマッチしたキャッチコピーだと思います!

思い返すと『トム・ハンクス』の出演する映画は何本も観てきたかもしれません。
ですが、この作品『フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)』は『トム・ハンクス』の出演する映画の中でも特に好きな作品です。

このフォレストガンプという映画は割と有名な映画のようですが、
僕がこの映画を初めて見たのは23歳の時だったと思います。

GEOの『洋画 | ヒューマンドラマ』コーナーの映画がどれも面白すぎて、
DVDのパッケージを見て『片っ端から借りてやろう!!』と思って借りた中の1本です。

楽しい事、苦しい事だけではなく、全体を通して悲しい出来事が目立つ映画かもしれませんが、
どんな困難も困難だと思わず、目の前の壁に対して真っ直ぐに突き進むフォレストの姿には勇気をもらえます。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
思い出すともう一度観たくなっちゃうような映画です。
この映画フォレストガンプ 一期一会(Forrest Gump)も本当におすすめ映画です!!