ファイト・クラブ(Fight Club)

© TwentiethCenturyFox/Photofest/MediaVastJapan

第一規約:「ファイト・クラブ」のことは他言無用

映画タイトル

ファイト・クラブ(Fight Club)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

1999

 監督

デヴィッド・フィンチャー

 ファイト・クラブ(Fight Club)の主要キャスト

  • エドワード・ノートン
  • ブラッド・ピット
  • ヘレナ・ボナム=カーター

 ファイト・クラブ(Fight Club)のキャッチコピー

第一規約:「ファイト・クラブ」のことは他言無用

 ファイト・クラブ(Fight Club)の見所

脂肪石鹸

 この映画を一言で表現すると

人格

 ファイト・クラブ(Fight Club)のストーリー(あらすじ)

自動車会社でリコールの調査の仕事をする主人公(エドワード・ノートン)。
彼には不眠症という悩みがあった。

治療の為に精神科に通うのだが、
睡眠薬は処方してもらえず、
精神科医からは『不眠症じゃ死なない。この世界には君よりももっと大きな苦しみをもった人がいる』と言われ、
ガン患者の会や結核の患者の会、アルコール依存症患者の会に顔を出すようになる。

決して自分は末期ガンでも結核でもアルコール依存症でもないのだが、
みんなの話を聞いたり触れ合ったりする事で感極まってしまい、結果不眠症が改善され、それが癖になってしまう。

一度快感を覚えてしまった彼は安眠、精神的安定を求め、
そういった色んな悩みを抱えた人間達の集会に顔を出していると、
いつも同じ女性を見掛けるようになる。

彼女は自分が参加する集会には必ず現れ、見るからに健康そうで、病気的な悩みはなさそうである。
そんな彼女を見ている内に再び泣くことが出来なくなり、結果彼は不眠に陥ってしまう。

そんな彼には更なる不運が重なり、
出張中に自宅を爆発事故で無くしてしまった。
そこで彼は出張中に飛行機の機内で知り合った男、
タイラー(ブラッド・ピット)に助けを求める。

タイラーは彼とは違い、暴力的で自信家。
そして危険な雰囲気を持つ性格。
そんなタイラーとの出会いで彼の人生が180度変わっていくことになる。

ある日、主人公はタイラーに「力いっぱい殴ってくれ」とお願いする。
そのままじゃれあっていたのが、本気の殴り合いになり、
そこで改めて自分が生きているという実感をするようになる。

その後大勢の男達を集め、単純に殴り合いの喧嘩をする「ファイトクラブ」を作り、
それがきっかけに様々な事がとんでもない方向に進んでいくことになる。

 ファイト・クラブ(Fight Club)の個人的レビュー

この作品もおすすめ映画です!
ジャンルは悩んだのですが、ヒューマンドラマではないかもしれません。
主要キャストはエドワード・ノートンブラッド・ピットヘレナ・ボナム=カーター
公開は1999年となっていますが、僕が観たのは高校生の時でした。
クラスの友人に勧められて観たのですが、久しぶりにぶっ飛んだ感じの映画だったので、とても印象に残っています。

この作品は色んな意味で少しぶっ飛んだ感じの映画でした。
中盤から後半にかけて、色々と予想外な展開になってきて、
「どうなってくるのだろう」と、ずっと見入ってしまうような感じでした。

以外に観た事がないという人も居るんじゃないなと思って今回紹介させて頂きました。
休みの前日にお酒を飲みながら観るのも良いかもしれません!

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。