シンデレラマン(Cinderella Man)

© Universal Pictures-Miramax Films-Imagine Entertainment.

『家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にかアメリカの希望になっていた…』

映画タイトル

シンデレラマン(Cinderella Man)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2005年

 監督

ロン・ハワード

 シンデレラマン(Cinderella Man)の主要キャスト

  • ラッセル・クロウ
  • レニー・ゼルウィガー
  • ポール・ジアマッティ

 シンデレラマン(Cinderella Man)のキャッチコピー

家族の幸せだけを願っていたら、いつの間にかアメリカの希望になっていた…

 シンデレラマン(Cinderella Man)の見所

久しぶりの試合でジムが勝ち取ったKOのシーン。

 この映画を一言で表現すると

家族愛

 シンデレラマン(Cinderella Man)のストーリー(あらすじ)

舞台は世界恐慌と言われていた時代のアメリカ。
ジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)は港で日雇い労働の仕事をしながら妻のメイ(レネー・ゼルウィガー)と3人の子供を養っていた。
ジムの仕事は過酷な肉体労働の中日当をもらい何とか生活をしていたが仕事をもらえない事の方が多かった。
そんな世界恐慌と言われた時代、そして日雇い労働の仕事をするジムの家庭は決して裕福といえるものではなかった。

そんなジムはプロのライセンスを持つ元プロボクサーだった。
しかし、連戦の末疲労に右手の怪我が重なってしまい、プロのライセンスを剥奪される事に…。

そんな生活をある日、ジムにチャンスがやって来る。
ジムがボクサーをしていた時にジムのマネージャーをしていた男、
ジョー・グールド(ポール・ジアマッティ)がジムに試合の話を持ちかけて来た。

それは世界ランキング2位のボクサーとの試合だった。
急遽いなくなったその世界ランキング2位のボクサーの対戦相手を探していたのだった。
当然現役を退いた上に右手に怪我を負っているジムには勝ち目のない試合で、ジムの一夜限りのカムバック試合。

しかし、ジムにとってはそんな危険な試合でも報酬が出るなら何とか出場したいという気持ちがあった。
妻メイの心配を振り切り、世界ランキング2位の選手との試合に出場するジム。
そこで誰もが予想しなかった奇跡が起きる事になる。

肉体労働を続けたお陰か、
ジムには強力な左のパンチが宿っていて、世界ランキング2位の相手をKOしてしまうのだった。

そして、その日暮らしの貧しい生活から抜け出す為、
家族を守る為にジムはもう一度『リング』という四角い檻の中で戦い続ける…。

 シンデレラマン(Cinderella Man)の個人的レビュー

この作品『シンデレラマン(Cinderella Man)』も超おすすめ映画です!!
主演はラッセル・クロウ
ラッセルクローが主演する映画では『グラディエイター』が一番好きですが、
この映画『シンデレラマン』もその次くらいに好きな映画です!!

シンデレラマンもジャンルはヒューマンドラマだと思うのですが、
本当にいいお話でした。
こういう家族愛みたいな映画って本当に好きです!

シルヴェスター・スタローンのロッキーも面白いですが、
僕はラッセル・クロウのシンデレラマン派です!!

実はこの映画『シンデレラマン』はアメリカの世界恐慌時代に
『シンデレラマン』と呼ばれ活躍したボクサーの伝記に基づいたノンフィクション系の映画のようです(全て再現した訳ではないと思いますが…)。

こうやって書いてて思ったのですが、
僕は『貧乏系の話』と『家族愛的なストーリー』に弱いみたいです。
こういう映画を観るとすぐに涙腺が緩み、泣いてしまいます。
改めて自分は恵まれた時代の恵まれた国に生まれたんだと実感します。

それにしても、やっぱりどの時代も『頑張るお父さん』ってカッコイイですよね!
将来は子供に尊敬されるような親父になりたいです。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
きっと観終わった後に優しい気持ちになれるはずです。
この映画『シンデレラマン』も超おすすめ映画です!!