キャスト・アウェイ(Cast Away)

© ZADEROSENTHAL_64/20THCENTURYFOX/DREAMWORKS/TheKobalCollection/WireImage.com

あなたは幾度、運命の十字路に立つのでしょうか。

映画タイトル

キャスト・アウェイ(Cast Away)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2000

 監督

ロバート・ゼメキス

 キャスト・アウェイ(Cast Away)の主要キャスト

  • トム・ハンクス
  • ヘレン・ハント

 キャスト・アウェイ(Cast Away)のキャッチコピー

あなたは幾度、運命の十字路に立つのでしょうか。

 キャスト・アウェイ(Cast Away)の見所

無人島生活

 この映画を一言で表現すると

極限状態のサバイバル

 キャスト・アウェイ(Cast Away)のストーリー(あらすじ)

宅配便のフェデックスで管理職として勤務するチャック・ノーランド(トム・ハンクス)。
早い仕事にこだわる彼は出張先にもストップウォッチを入れた荷物を運び、
如何に荷物を迅速に運ぶかという事を考える程の仕事人間だった。
ある日、配送の車が故障してしまった時に子供から自転車を借りて配送をしたという出来後事もあった。

そんな仕事人間のチャックには恋人がいた。
恋人のケリー(ヘレン・ハント)とは結婚を約束した仲だった。
仕事で忙しい毎日を送っていたチャックは久しぶりに恋人のケリーと共にクリスマスを過ごした後、
社用機で南米の方に仕事へ向かったのだが、悪天候で社用機は墜落した。

奇跡的にも無傷だったチャックだったが、目を覚ますと南太平洋の無人島に漂着していた。
島中を駆け回り、その後山頂にたどり着く。
そこから島中を見渡したチャックは浜辺に横たわった人のようなものを発見する。
行って見るとそれはチャックと共に社用機に乗り込んだ乗り込み員の遺体だった。
使えそうなものを遺体から取り、そのまま埋葬してあげるのだった。

そして、その日の夜たまたま遠くで船のライトを見付けたチャック。
大声を叫び、助けを求めながらゴムボートに乗って船に接近しようとするが、
島を囲む波は高く、島の方まで押し戻されてしまう。
絶望するチャック。
そして、ここから彼の4年に及ぶ無人島サバイバル生活が始まる。

 キャスト・アウェイ(Cast Away)の個人的レビュー

この作品『キャスト・アウェイ(Cast Away)』もおすすめ映画です!
トムハンクスの主演映画は沢山ありますが、このサイトでも幾つか紹介させて頂きました。
その中でも結構おすすめの映画です!

一生の中で無人島に漂流する事もないだろうし、あんなに寂しい想いをする事もないかもしれません。
そんな気持ちを表現している映画です。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
『キャスト・アウェイ(Cast Away)』は本当におすすめの映画です。