ブレイド(BLADE)

【何も考えずに見れる】おすすめ映画 | ブレイド(BLADE)

© MMIV NEW LINE PRODUCTIONS,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『その肉体は不死身。その魂は人間。彼は血を流すヴァンパイア。』

映画タイトル

ブレイド(BLADE)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : アクション

 映画の公開年

1999年

 監督

スティーヴン・ノリントン

 ブレイド(BLADE)の主要キャスト

  • ウェズリー・スナイプス
  • スティーヴン・ドーフ
  • クリス・クリストファーソン
  • ウンブッシュ・ライト
  • ドナル・ローグ
  • ウド・キア
  • エミリー・ハースト
  • アーリー・ジョバー
  • トレイシー・ローズ

 ブレイド(BLADE)のキャッチコピー

その肉体は不死身。その魂は人間。彼は血を流すヴァンパイア。

 ブレイド(BLADE)の見所

様々な武器を用いるアクションシーン

 この映画を一言で表現すると

何も考えないで見れる映画

 ブレイド(BLADE)のストーリー(あらすじ)

ブレイド(ウェズリー・スナイプス)はヴァンパイアと人間との間に生まれた混血で、人間を脅かすヴァンパイアを狩るヴァンパイア・ハンター。
ブレイドが混血として生まれた背景にはある出来事があった。

ブレイドは母親の胎内に居る時に母親がヴァンパイアに襲われ、その結果『人間』と『ヴァンパイア』の混血として生を受けた。
人間とヴァンパイアとの混血であるブレイドは純潔のヴァンパイアとは違い太陽の下を平気で歩く事が出来るのだった。
そんなブレイドを純潔のヴァンパイア達は『Day Walker』と呼んで恐れた。

ブレイドにはハンター相棒が居た。
それはウィスラー(スティーヴン・ドーフ)という名の老人で、主に武器の開発を担当していた。
そして、ウィスラーは人間でありながらヴァンパイアを恐れずにブレイドと共に闘っていた。

そんな日々の中、ブレイドはようやくクイン(ドナル・ローグ)を捉えた。
その後、クインを焼き殺しその死体は検死に回されることに。
しかし、死んでいなかったクインは検死中に起き上がり女医のカレン(ウンブッシュ・ライト)に噛み付いた後に逃亡する…。

ブレイドはクインに噛まれたカレンをウィスラーのアジトへと連れて行き、
ニンニクエキスの入った血清を打ちカレンがヴァンパイアとなる最悪の自体を避けた。

そしてその後、ブレイドは母親の敵であるフロスト(スティーヴン・ドーフ)と対峙することとなる…。

 ブレイド(BLADE)の個人的レビュー

この映画『ブレイド(BLADE)』もおすすめ映画なので紹介させて頂きます!
映画『ブレイド』はアメコミの『ブレイド(BLADE』が原作で、
主演のウェズリー・スナイプス扮するブレイドが無敵のヴァンパイア・ハンターとなりヴァンパイアをボコボコにしてしまう痛快アクション映画です!
そしてこの映画の魅力、ポイントはテンポのいい映画の設定などは置いておいて、『何も考えずに見れること』です。

この映画を初めて見たのは確か僕が中学生くらいだった時だと思うのですが、
様々な種類の武器を用いて表現される迫力のアクションシーンに終始釘付けになってしまいました。
こういう形のアクション映画では『主人公強え!』みたいな系統が好きですが、
この映画『ブレイド』はまさにそんな感じの映画です。
個人的には黒人のヴァンパイア(厳密にはヴァンパイアではないのですが…)みたいなのがツボでした!

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』や『ぼくのエリ 200才の少女』などのヒューマンドラマ溢れるヴァンパイア映画も好きなのですが、
こういった『THE アクション』みたいなヴァンパイア映画も好きです!
様々な武器を用いる戦闘シーンもすごく良いのですが、素手での格闘シーンもカンフー映画に負けない迫力があります。

一つ気になったのは主人公が黒人で、敵役のヴァンパイアの幹部のような存在は白人、下っ端で残酷な形で死ぬヴァンパイアはアジア人だということ。
そういった意味で何かこの映画に込められたメッセージがあるのでしょうか(笑)

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
良い意味で何も考えずに見入る事が出来る、迫力満点のヴァンパイアアクション映画だと思います。
この映画『ブレイド(BLADE)』も本当におすすめ映画です!