奇跡のシンフォニー(August Rush)

奇跡のシンフォニー

© 2007 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved

音楽-----
それは3人を結ぶ唯一の絆

ここにいるよ
僕はここにいるよ

音楽は両親への手紙

世界のどこかできっと会える
いつの日かきっと会える

映画タイトル

奇跡のシンフォニー(August Rush)

制作国

アメリカ

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

2008年

 監督

カーステン・シェリダン

 奇跡のシンフォニー(August Rush)の主要キャスト

  • フレディ・ハイモア
  • ケリー・ラッセル
  • ジョナサン・リース=マイヤーズ
  • テレンス・ハワード
  • ロビン・ウィリアムズ
  • ウィリアム・サドラー
  • マリアン・セルデス
  • ミケルティ・ウィリアムソン
  • レオン・トーマス3世
  • アーロン・ステイトン
  • アレックス・オローリン
  • ジャマイア・シモーヌ・ナッシュ
  • ロナルド・ガットマン
  • ボニー・マッキー

 奇跡のシンフォニー(August Rush)のキャッチコピー

きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから。

 奇跡のシンフォニー(August Rush)の見所

幻想的な音が結び付ける出会い

 この映画を一言で表現すると

奇跡の才能

 奇跡のシンフォニー(August Rush)のストーリー(あらすじ)

ほら、聴こえる?音楽が。僕には聴こえる。風の中に。空の中に。光の中に。音楽はそばにある。心を開いていればいい。

奇跡のシンフォニー | august_rush
(C)2007 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved

舞台はアメリカ。
ニューヨークの孤児院で暮らすエヴァン(フレディ・ハイモア)は両親の顔も名前も知らなかった。
それでもいつか自分を迎えに来てくれると信じ、孤児院で待ち続けるエヴァン。
しかし、その願いはエヴァンが11歳になっても叶うことはなかったのだった。

いつまでも両親のことを信じ続けるエヴァンを同じ施設の子供達はいつしかいじめるようになっていた。
そんなエヴァンを職員のリチャード(テレンス・ハワード)が面接をし、エヴァンに養子になるということを勧めるのだった。
しかし、それでもエヴァンはまだ会った事もない両親を信じ待ち続けるのだった。

ある日、エヴァンは不思議な音を聴いた。
その音に導かれるままに孤児院を飛び出し、マンハッタンに辿り着くのだった。

エヴァンを知る人も誰もいないマンハッタンの地でエヴァンは様々な人と出会い、
その出会いの一つ一つがエヴァンの音楽の才能を開花させていくのだった。
今まで触れることのなかった”音楽”。
その音楽を自ら奏でることにより今まで得られなかった幸福を感じるようになるエヴァン。
そんな中でエヴァンの中である考えが出来るのだった。
それは自分の”音楽”を頼りに両親を捜すというものだった…。

これは幻想的で不思議な音が人と人を魂で結び付ける物語

 奇跡のシンフォニー(August Rush)の個人的レビュー

この映画『奇跡のシンフォニー(August Rush)』も超おすすめ映画なので紹介させていただきます!!
奇跡のシンフォニーは2008年に日本国内で公開された映画で、ジャンルはヒューマンドラマになります!
CGや絶景といった映像美を追求したという映画ではなさそうなのですが、
とにかく綺麗な映画です!
上手く言葉で表現出来ませんが、この映画"奇跡のシンフォニー"は本当に美しい映画だと僕は思っています。
割と『好きだっ!』っていう人も多いのではないでしょうか?

一つ一つ深く考えてしまうと『あり得ない』と思ってしまうような感じですが、
個人的にはそういう感情を捨てて"奇跡のシンフォニー"という映画の世界観に引き込まれてただただ感動しました。

見所としては様々なシーンで流れる音楽もすごくいいです!
映画の中ではギターの音を始め様々な音が流れるのですが、メロディがとにかく綺麗で聞き入ってしまいます。

泣ける系の映画というよりはこの奇跡のシンフォニーという映画作品に感動しました!
一度だけではなく、時間を置いて何度でも見たくなる
そんな素敵な映画だと思います!

もう『奇跡のシンフォニー』を観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
普段あまり考えることのない、瞳に映ることのない音楽の魅力をこの映画は本当に美しく表現しています!
素直に感動出来るヒューマンドラマ映画だと思います。
この映画"奇跡のシンフォニー(August Rush)"も本当におすすめの映画です!!