アルマゲドン(Armageddon)

© BuenaVistaPictures/Photofest/MediaVastJapan

集結せよ。地球最後の日、60億の明日はたった14人に託された。

映画タイトル

アルマゲドン(Armageddon)

制作国

 映画のジャンル

洋画 : ヒューマンドラマ

 映画の公開年

1998

 監督

マイケル・ベイ

 アルマゲドン(Armageddon)の主要キャスト

  • ブルース・ウィリス
  • ベン・アフレック
  • リヴ・タイラー

 アルマゲドン(Armageddon)のキャッチコピー

世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。

 アルマゲドン(Armageddon)の見所

感動のラストシーン

 この映画を一言で表現すると

大切な人を想う気持ち

 アルマゲドン(Armageddon)のストーリー(あらすじ)

21世紀を目前にしたある日、宇宙で人工衛星を修理していたスペースシャトルが大破した。
原因は『流星雨』だった。

その後世界中各地で流星雨が降り注ぎ壊滅的な被害を与えると同時に
世界中の人々に恐怖を植え付けた。

そして、更なる調査の結果アメリカのテキサス州に匹敵するほどの大きさの巨大なアステロイド(小惑星)が地球に接近中で、計算では18日後に地球に衝突し、人類滅亡が免れないという事が分かった。

その事実を回避すべく、NASAはある案を打ち出す。
その方法は接近中のアステロイドの表面に穴を開け、内部で核爆弾を爆発させて地球直撃の軌道を変えるというものであった。

そして、人類の命運はある男達に託される事となる。
石油発掘のプロ『ハリー(ブルース・ウィリス)』が率いるスタンパー・オイルの従業員達だ。
彼らは世界最高の石油採掘人と呼ばれるハリーの自慢のチームだ。

その後、政府との様々な交渉の末にこの計画に承諾する事となるハリー達。
過酷な訓練を終えて、スタンパー・オイルの全員とNASAの14人がこの計画に参加する事となった。
途中で様々なこともあった。

そして男達は宇宙の旅に出る。
大切な人の明日を命を掛けて守る為に。

 アルマゲドン(Armageddon)の個人的レビュー

もしかしたらこの『アルマゲドン』という映画を観たことがないという人もいるのではないでしょうか。
この作品、『アルマゲドン』も超おすすめ映画です!
結構泣けます。
というか、僕は初めて観た時に号泣したような気がします。
地球最後の日がやってくるというテーマで描かれた映画です。

観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。
久しぶりに泣きたい人、是非休日を利用してこの映画で思いっきり泣いちゃいましょう。
色々とスッキリするかもしれません。